友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

遂にイノシシ捕獲!! 芦辺で90㌔のメス

イノシシ(捕獲されたイノシシ)

壱岐で初めてイノシシが捕獲された。市農林課は21日、対馬からの10人を含む14人のハンターと猟犬10匹でイノシシ駆除作業を行い、午後4時45分ごろ、芦辺町江角触の海岸近くで、イノシシ1頭を射殺した。体長1㍍30㌢、体重90㌔のメスで、推定年齢は7~8歳と見られている。
2月22日に行われた生息調査で、同地区に設置された監視カメラにイノシシの姿が映っていたこと、足跡、ヌタ場が確認されたことから、この日の駆除が行われた。同課は「おそらくカメラに映っていた個体だろう」と話している。
メスのため、壱岐で繁殖を行っていたかどうかが問題となったが、「この2~3年は子どもを産んだことがないようだ。カメラの映像、足跡などから、つがいではなく単独で行動していた可能性が強く、壱岐で出産はしていないのではないか」と分析している。
市内では2012年8月、石田町池田東触でイノシシが監視カメラで撮影されており、股間の膨らみからオスではないかと見られていたが「オスかメスかの判断は意見が分かれている。もしかしたらメスで、今回捕獲したのと同一個体である可能性もある」と見ている。
また22日には郷ノ浦町初山地区でも駆除作業を行ったが、イノシシは確認できなかった。同地区でも新しいヌタ場、足跡が確認されているが「イノシシは一晩で30~40㌔移動することもあると言われているので、初山地区の痕跡が今回捕獲された個体と同一かどうかは不明」としている。
同課は今後も、新たな痕跡が見つかり次第、駆除作業を続けていく方針。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/18

5日連続感染者ゼロ

市は18日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数は3人だった。 12月28日以降の累計陽性…

20211/18

田河小・神田教諭が受賞。文科大臣優秀教職員表彰。

県は4日、学校教育における教育実践などに顕著な成果を上げた教職員、教職員組織を称える本年度文部科学大臣優秀教職員表彰の受賞者13人(小学校1…

20211/18

高校生の文化芸術祭。壱州祭20日まで開催。

壱岐高・壱岐商合同の高校生による文化芸術祭「第8回壱州祭」が9日、一支国博物館1階テーマ展示室で開幕した。展示は20日まで。入場無料。 …

20211/18

20年ぶりの大雪。水道管破裂で漏水多発。

7日から9日にかけて強い冬型の気圧配置となり、日本海側では断続的に雪が降り、本市でも積雪や路面凍結が発生した。長崎地方気象台によると、8日午…

ページ上部へ戻る