© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/17

離島観光客にもっと情報提供を

syasetsu 昨年8月にプレ大会を開催するなど1年以上にわたって準備を進めてきた国体自転車ロード・レースは、台風19号の影響で中止となった。選手たちはもちろん、努力を重ねてきた関係者、楽しみにしていた市民にとって残念な事態となったが、この暴風雨では仕方がない。壱岐に来た選手たちが万全の体調で、佐世保のトラック・レースに出場できることを祈るばかりだ。
この中止で、改めて離島でのイベント開催、観光客誘致の難しさを痛感した。一般市民の参加が原則の国体は、当初日程を超えての順延を行うことができない。同様に一般の観光客も、「船が出ない」という理由で旅行日程を延ばすことはなかなか難しい。会社を休めないこともあるが、割引ツアー・チケットを購入していると、日程変更は金銭的にも大きな負担となる。自ずと「予定が立てにくい離島は避けよう」という考えになりかねない。
天候の問題はどうしようもないが、迅速正確で細やかな情報の提供で、旅行者に少しでも安心感を与えることは可能だ。船便の欠航情報は、九州郵船ホームページに掲載されていない。荒天時は電話はなかなか通じないこともある。改善を求めると同時に、市、観光連盟もできる限り情報提供に協力して欲しい。
土日曜・祝日、夜間も観光客に対応できるように、当直以外にも人員配置を行ったり、登録した旅行者に対してメールで知らせるなど、もっときめ細かな対応ができないだろうか。11日午後のジェットフォイルが芦辺から郷ノ浦へ寄港地変更となり、予約をしていなかったため連絡がなく、知らずに芦辺港に来て困っていた観光客がいた。防災放送は流れたが、観光中の旅行者は聞くことができない。
欠航の案内も、直前にならなければ正式に決定できないことは理解できるが、島民ならこれまでの経験である程度のアドバイスはできるはず。航空会社やJRの窓口対応も、以前ほど杓子定規な返答ばかりではなくなってきている。親身になって旅行者の相談に乗ることができる、年中無休の窓口設置を望みたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る