スポーツ

いよいよ国体開幕 自転車ロードに188選手

国体(ロードコース脇はキバナコスモスが満開)長崎県で1969年以来45年ぶり、本市では史上初めてとなる「長崎がんばらんば国体」が12日に開幕する。本市は13日に自転車ロード・レース、18~20日にソフトボール成年女子が開催される。
47都道府県から各クラス2人ずつ、計188人が出場予定の自転車ロード・レースは、成年男子が午前8時半、少年男子が8時35分に壱岐島開発総合センター前をパレード走行でスタート。当田交差点から本スタートし、勝本庁舎、亀石を回って当田に戻る特設周回コース(19・3㌔)を、成年は6周(116・6㌔)、少年は5周(97・3㌔)の周回を行って順位を決める。
長崎県代表は成年が吉元昂(IPU環太平洋大学3年)、澤地陵二(ボンシャンス)、少年が松井航平(鹿町工3年)、古賀友康(鹿町工3年)の4選手が出場を予定している。
時速40㌔以上で疾走する自転車は迫力満点で、コース脇に歩道がある場所で観戦が可能となる。当日は午前8時から午後1時ごろまで特設コースは通行止め、周辺道路は交通規制が行われる。

関連記事

  1. 郷ノ浦が両部門優勝 壱岐一周駅伝
  2. 市中体連陸上競技女子写真
  3. “壱岐の逸ノ城”誕生 霞翠わんぱく相撲
  4. 新庁舎は「那賀」か「亀石」 総工費試算は27~31億円 市庁舎建…
  5. 男女とも惜敗 県少年ソフトボール
  6. 壱岐高放送部が全国大会出場。22日からNHK杯コンテスト。
  7. 壱岐合宿で調整 九電工女子陸上部
  8. 女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP