© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/3

獅子奮迅に壱岐創生策を

syasetsu政府は9月29日、「地方創生法案」と「地域再生法改正案」の2つの法案を閣議決定し、国会に提出した。
創生法案は「人口減少に歯止めをかけ、首都圏への人口の過度な集中を是正する」ことを強調。地域の特性を生かした起業の支援などにより雇用を生み出すことを目的としている。
地域再生法は、雇用創出や町づくりなどの事業を自治体が「地域再生計画」にまとめ、国に申請すると財政支援が受けられる仕組み。改正案では、自治体が企業立地促進など支援を国に求める場合、これまで複雑だった申請手続きをの窓口を内閣府に一本化する。
安倍晋三首相は所信表明演説で今国会を「地方創生国会」と位置づけ、「地方の個性を活かす」ことや「女性の活躍」を強調。鳥取・大山の地ビールや島根県海士町のさざえカレーなど地域産業の具体的な成功例を挙げ、「大きな都市をまねるのではなく、個性を最大限に活かしていく発想の転換が必要だ」と、地方に創意工夫を呼びかけた。
地方創生本部は、今後5年間の「総合戦略」を年内にまとめるため、早急に地方側からの意見聴取を始める。地方のアイデアを少しでも予算に反映させる方針を示している。
地方創生へ向けて、国の動きは急ピッチとなっている。各省庁も予算編成へ向けて活発に動き出す。来春の統一地方選へ向けて、政府与党も目に見える結果を求めている。いまこそ、この1~2か月こそが、壱岐にとって最大のチャンスだ。
市長は市議会9月会議で「地方創生本部はやる気のあるところに支援する。市役所力が試される」と明言した。まさにその通りで、壱岐市が独自の創生アイデアを提案すれば、それがすぐに予算化される可能性が高い。
両法案には壱岐市の課題の多くが含まれている。第2次壱岐市総合計画の策定など、とても待っていられる状況ではない。地方創生本部が本格始動すると同時に次々に提案をぶつけ、国に負けないスピードで、怒涛の攻めを見せなければならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る