© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐に寄付を!! ふるさと納税PR

ふるさと納税(がんばくんらもPR) 盆の帰省客らにふるさと納税の協力を求める県下一斉共同PRが13日、市内の各フェリーターミナル、空港で実施された。
壱岐に到着した帰省、観光客に、市・壱岐振興局職員、がんばくん、人面石くんがティッシュと寄付申込書など計1200セットを配布。長崎県と壱岐市のふるさと納税の仕組み、お礼の商品、寄付金の使途を宣伝した。
市は現在、1万円以上の寄付に対して5千円相当の特産品詰め合わせを進呈。今年3月末までに延べ474人から約2564万円の寄付があった。13年度は95件287万円で、前年度に比べて件数は13件減少したが、金額は約105万円増加した。寄付金の使途は「景観・自然保護応援コース」「歴史・文化応援コース」など8コースから、寄付者が選択できる。
だが寄付額に応じてポイントを付与し、特典カタログの特産品83品目から交換できる制度やクレジットカード支払いなどを導入して全国的に注目を集めている平戸市は、14年度の寄付額が13日に2億円を突破。約3910万円だった13年度の5倍を超えている。このままのペースでいけば1年間で5億円突破も可能で、人口規模(約3万2千人)では大きな差がない壱岐市と、200倍近い差がつきそうだ。
市企画振興部・山本利文部長は「壱岐市も9月から特典カタログを導入する予定。国も来年度からふるさと納税のより判りやすい仕組みを実施するとのことで、乗り遅れないようにアイデアを出していきたい」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る