© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

お手柄連携プレー 特殊詐欺を未然防止

警察表彰(表彰された壱岐国分郵便局長ら)壱岐署は7日、特殊詐欺事件被害防止功労者として、日本郵便株式会社壱岐国分郵便局の松坂幸市局長(58)と、局員の山川博樹さん(38)、坂本良徳さん(39)に署長感謝状を贈呈した。
6月17日に同局を訪れた80歳代の女性が窓口で100万円を引き出し、なおかつレターパックを購入したことから、特殊詐欺の被害に遭っているのではないかと怪しんだ坂本さんが、女性に注意喚起を行った。だが女性はそのまま帰宅したため、松坂局長に報告。局内で連携して被害を未然に防止することを確認し合った。
女性は同日にレターパックを、中身を「本」と記入してポスト投函。これに気付いた山川さんが、同局長らと女性宅を訪問して再度説得したところ、女性は東京都内の男性宛に現金を送付しようとしていたことを認めたため、「送ったらもうお金は戻ってこない」と郵送を思いとどまらせ、被害を未然に防止した。
同局長は「レターパックを利用した特殊詐欺の事案については数年前から注意しているし、警察からの情報提供もあった。社員間の連携がうまく取れたこと、粘り強く説得したことで、今回は被害を防ぐことができた。今後も声掛けなどを積極的に行っていきたい」と話した。
壱岐署は「レターパック、宅配便で現金を送れ、というのはすべて詐欺であると認識し、被害に遭わないようにして欲しい」と注意を促している。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る