地域情報

40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団

コール・リーベ女声合唱団の40周年記念コンサートが11月26日に壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市民ら約3百人が鑑賞した。
同団は1975年にヤマハ音楽教室のレッスンに通う保護者を中心に女声コーラスを発足。89年から長崎県おかあさんコーラス連盟に加入し、同大会に通算26回出演。これまで九州交響楽団、東京混声合唱団、ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル、ボニージャックスなどと共演してきた。同団の指導、指揮をする山内和子さんは2011年に県民文化功労章を受章した。
山内さんは「歌い続けられることは家族、地域の方々、行政など周囲の愛情があってこそのこと。歌への憧れ、強い思いを持ちながら、きょうまでやってこられた」と40年を振り返った。
この日のコンサートは「歌は愛 ただ一途に願いを込めて」をテーマに、山内さんの指揮、菊田紀子さんのピアノで「テネシー・ワルツ」「アヴェ・マリア」「アカシヤの花」などの女声合唱、ゲストの菊田光紀さんのピアノ独奏、豊島正伸さんのテノール独唱などのプログラムで、40周年の感謝を披露した。

 

関連記事

  1. 一支国王都復元公園周回駅伝
  2. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。
  3. マグロ漁を2か月間自主規制 壱岐・対馬漁師が資源確保に決断
  4. 初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会
  5. イルカのひかり死亡 今年3頭目の訃報
  6. 国境離島新法50億円交付金創設 事業費ベースで100億円超え
  7. 朝来市が壱岐牛提供 ふるさと納税
  8. こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。

おすすめ記事

  1. カワヨシノボリ「壱岐佐賀型」求めて 大村高理科部が来島調査
  2. 詐欺の予兆相次ぐ 家族、警察に相談を
  3. やっぱりいた! 谷江川にアユ

歴史・自然

PAGE TOP