© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

スピリチュアルで壱岐を売り出せ 隠れた観光地をツアーで検証 新道お宝プロジェクト実行委員会

ファム(女岳神社の磁力をチェック) 郷ノ浦・新道商工振興会の次世代を担う若者らで構成する、新道お宝プロジェクト実行委員会(山口貴史会長)は14日、行政、学術経験者、マスコミ関係者ら約30人を招いた「壱岐スピリチュアルツアー」の視察を行った。同会は壱岐の新しい魅力を情報発信し、島外からの集客を目指すべく、観光と商店街を結びつけた「観光まちづくり」に着手。新道地区にある伊藤小左衛門地蔵を「お宝地蔵」として全国へ売り出すなどのプランを立てている。

ファム(ガイドの伊佐藤さんの説明を熱心に聞く)宝当神社(佐賀県唐津市高島)は300人が暮らす離島にある。20年程前、同神社が「宝が当たる」と読めることから、町おこしとしてお宝グッズを販売。宝くじを購入した人が同神社にお参りし、当選した経緯を全国メディアが取り上げたことで一躍有名となり、多い時で年間20万人を集客した、観光まちづくりの好例だ。
この人気にあやかろうと考えたのが同委員会。「お宝地蔵」を拠点にして、地元民も知らない、観光マップにも掲載されていない隠れたパワースポットなどを「広く島外の人たちに紹介できないか」「ツアーとして成立するのか」などという観点から、今回の検証(ファム)ツアーを実施した。
ファム(満潮時の小島神社)島外からは和歌山大学観光学部・出口教授、九州大学院環境デザイン部門・田上准教授、アヴァンティ(福岡・女性向け情報誌)やぐらんざ(福岡・シニア向け情報誌)の編集者ら11人。島内からは松尾壱岐振興局長や米村市観光商工課長、市観光連盟、市商工会など20人が参加。ツアー後には来年度以降の商品化へ向けて意見交換会を行った。
参加した唐津ケーブルテレビジョンの亀井信一放送部長は「ミステリアスなストーリーを秘めた素材がたくさんあり、可能性は感じたが、バスガイドの解説とセットで成り立っているようにも感じた。バスガイドの育成がカギ」と課題を挙げ、「スピリチュアルをキーワードに壱岐取材ができないか、検討したい」と興味を示した。
ファム(初めて訪れた人は驚く塞神社)福岡から壱岐に嫁いだ庄司啓子さんは「ガイド付きで神社・地蔵さんに行くことができ、ただ単にお参りするだけではなかった点が楽しかった。壱岐を満喫・満足・満腹出来るツアーがあれば、観光客も地元民も楽しめる」と話した。
山口会長は「観光パンフレットに載っていないスポットを巡るだけではなく、各方面の専門家に参加頂き、幅広い意見を頂いた。今後、ツアーの商品化やお宝地蔵のPRに生かし、情報発信をしていきたい」と、スピリチュアルによる新道商店街活性化の実現を誓った。
ファム(ゆれ地蔵を揺らす参加者)ファム(お宝地蔵のおみくじをひく参加者)aファム(お宝地蔵に集まった参加者)a




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第8回壱岐くる宝くじ当選発表!!

第8回壱岐くる宝くじ当選発表!! …

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

ページ上部へ戻る