© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産米をPR 一声運動スタート

壱岐産米(宿泊施設などで行われた一声運動)壱岐振興局を中心としたメンバーで構成する「壱岐産米でおもてなし実行委員会」が4月26日から、市内57軒の飲食店、宿泊施設で、壱岐産米のおいしさを説明する「一声運動」をスタートさせた。平成25年度「こぎ出せミーティング」で決まった地域普及の取り組みの一環。
郷ノ浦町のビューホテル壱岐では午前7時からの朝食時に給仕を担当する仲居が「壱岐で採れた“にこまる”という銘柄米です。畜産農家との連携で良質な堆肥を使用して、減農薬栽培を実施しています。壱岐は夏季の冷涼な気候、豊富な水源があり、長崎県内有数の米の産地なのです」と利用客に壱岐産米の特徴をPRした。
卓上には「壱岐産米がおいしい理由」などが書かれたPOPとミニのぼりが置かれ、利用客の目を引いた。
壱岐振興局地域づくり推進課は「宿泊施設、飲食店の従業員に協力していただき、会話の中でさりげなく壱岐産米のおいしさを説明することにより、おもてなしと壱岐産米のPRに結び付けていきたい。今後は協力店舗を増やし、また各種イベントで4種類の壱岐産米のおにぎり食べ比べを行うなど、運動を拡大させていく」と夏の観光シーズン、秋の国体開催へ向けて、活発化させていく方針だ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る