© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産米をPR 一声運動スタート

壱岐産米(宿泊施設などで行われた一声運動)壱岐振興局を中心としたメンバーで構成する「壱岐産米でおもてなし実行委員会」が4月26日から、市内57軒の飲食店、宿泊施設で、壱岐産米のおいしさを説明する「一声運動」をスタートさせた。平成25年度「こぎ出せミーティング」で決まった地域普及の取り組みの一環。
郷ノ浦町のビューホテル壱岐では午前7時からの朝食時に給仕を担当する仲居が「壱岐で採れた“にこまる”という銘柄米です。畜産農家との連携で良質な堆肥を使用して、減農薬栽培を実施しています。壱岐は夏季の冷涼な気候、豊富な水源があり、長崎県内有数の米の産地なのです」と利用客に壱岐産米の特徴をPRした。
卓上には「壱岐産米がおいしい理由」などが書かれたPOPとミニのぼりが置かれ、利用客の目を引いた。
壱岐振興局地域づくり推進課は「宿泊施設、飲食店の従業員に協力していただき、会話の中でさりげなく壱岐産米のおいしさを説明することにより、おもてなしと壱岐産米のPRに結び付けていきたい。今後は協力店舗を増やし、また各種イベントで4種類の壱岐産米のおにぎり食べ比べを行うなど、運動を拡大させていく」と夏の観光シーズン、秋の国体開催へ向けて、活発化させていく方針だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る