© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産米をPR 一声運動スタート

壱岐産米(宿泊施設などで行われた一声運動)壱岐振興局を中心としたメンバーで構成する「壱岐産米でおもてなし実行委員会」が4月26日から、市内57軒の飲食店、宿泊施設で、壱岐産米のおいしさを説明する「一声運動」をスタートさせた。平成25年度「こぎ出せミーティング」で決まった地域普及の取り組みの一環。
郷ノ浦町のビューホテル壱岐では午前7時からの朝食時に給仕を担当する仲居が「壱岐で採れた“にこまる”という銘柄米です。畜産農家との連携で良質な堆肥を使用して、減農薬栽培を実施しています。壱岐は夏季の冷涼な気候、豊富な水源があり、長崎県内有数の米の産地なのです」と利用客に壱岐産米の特徴をPRした。
卓上には「壱岐産米がおいしい理由」などが書かれたPOPとミニのぼりが置かれ、利用客の目を引いた。
壱岐振興局地域づくり推進課は「宿泊施設、飲食店の従業員に協力していただき、会話の中でさりげなく壱岐産米のおいしさを説明することにより、おもてなしと壱岐産米のPRに結び付けていきたい。今後は協力店舗を増やし、また各種イベントで4種類の壱岐産米のおにぎり食べ比べを行うなど、運動を拡大させていく」と夏の観光シーズン、秋の国体開催へ向けて、活発化させていく方針だ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/19

自動運転特区に名乗りを。

日本の株式市場で時価総額トップのトヨタ自動車と、2位のソフトバンクが自動運転やライドシェアなど次世代の移動サービス事業で手を握った。4日、豊…

201810/19

割石前団長が急きょ辞任~新消防団長に岩永章さん。若者に魅力ある消防団を目指す。

市は12日、市消防団長に岩永章元副団長(65=農業、郷ノ浦町在住)を任命し、白川博一市長が委嘱状を手渡した。11日に割石賢明団長(66)が退…

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

ページ上部へ戻る