社説

  1. 最適の決断だった副市長人事

    篠原一生市長の最初の仕事である副市長の選任で、中上良二総務部長が副市長に就任した。議員からは「自治基本条例に則り市民と情報を共有すべきで、市民の意見を聞く姿勢が必要だったのではないか」との指摘もあったが、これは無理筋な注文だろう。議会で同意…

  2. 新市長の大胆な政治手腕を期待

    新市長に篠原一生さんが決まった。市総務課、政策企画課、SDGs未来課、市観光連盟出向時などに、多くの…

  3. どれだけ勉強しているかが判断材料

    16年ぶりに本市のリーダーが交代する壱岐市長選がスタートした。過去最多の4人が立候補したが、これまで…

  4. 訪日客急増の流れに乗る対策を

    1年ぶりに故郷・札幌に帰省した。春休み前で、雪まつりはすでに閉幕しており、道路の雪も解け始めていて、…

  5. 唐津港の路線バス大幅減便

    読者から悲痛な訴えの電話があった。これまで印通寺~唐津フェリーを利用して島外通院を行っていたが、4月…

  6. 壱岐を駅伝合宿の聖地に

  7. 市民に疎外感の20周年式典

  8. 厳しい練習は「不適切」なのか

  9. 自動運転バス導入の検討を

  10. 財政削減に切り込んだ提案を

政治・経済

カテゴリー

地域情報

スポーツ

PAGE TOP