地域情報

今季は特等米も 日本酒仕込み開始 新酒は10月下旬に 重家酒造

日本酒を製造する重家酒造横山蔵で今季の製造が始まった。

酒米の初蒸しとなった6日は、早朝から酒のもとになる麹を造る米120㌔を甑(こしき)で蒸し、蔵から立ち昇る蒸気が今季の製造開始を告げた。

蒸された米は手作業で適温に冷やされ、杜氏の横山太三専務(48)が蒸し具合を確認。「出来はいい」と手ごたえを感じていた。

同社の「よこやまシリーズ」はこれまで、1~2等の山田錦を使って醸造されてきたが、今季は商品の価格は据え置きで、より品質が高い特等山田錦を中心にするという。麹米の温度や湿度を管理できる製麹機も新たに導入した。今季1本目の新酒は10月下旬に発売予定。

横山専務は「コロナ禍だが、食卓で美味しいものを飲んでいただき、前向きになっていただければ。酒造りは1に麹、2に酛(もと)、3に造り。良い麹を造ることがいい酒を造る。もう一段階上を目指したい」と話した。

福島県いわき市出身で、同蔵に勤めて4年目の吉田章宏さん(30)は「年々いい酒ができているという自負はある。コロナ禍で消費はなかなか上がらないが、クオリティを突き詰めているので、多くの人に飲んでもらいたい」と話した。

関連記事

  1. 遂にイノシシ捕獲!! 芦辺で90㌔のメス
  2. 「世界と長崎の貿易品展」 博物館オープン収蔵展示
  3. スイレンが満開。筒城浜ふれあい広場。
  4. 山口幹雄賞は福岡教育大1年生、中村遼太さん(19)。第62回市美…
  5. 5年間で実質13人削減 市定員適正化計画
  6. 新藤総務大臣が来島視察 地域おこし協力隊を激励 壱岐焼酎を 17…
  7. 611㌔おいきの旅がゴール。朝来市から20人が弥兵衛墓参。
  8. 日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

おすすめ記事

  1. 新作1点を追加 一支国博物館「ボクネン展」
  2. 理解を求めるなら平易な言葉で
  3. フォロワー倍増 壱岐ファン増に貢献 地域おこし協力隊 髙田、田口両隊員が報告会

歴史・自然

PAGE TOP