地域情報

筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

筒城小学校(安原美智子校長、38人)は14日、筒城浜海水浴場の後背地に広がるマツ林の保全活動を行った。
同校の学校運営協議会「白砂の会」(山野展裕会長)と筒城まちづくり協議会(福田豊治会長)と合同で約70人が集まり実施。同校と白砂の会は2014年にマツの苗木120本を植樹し、17年から松林の景観を守ろうと除草している。
植えた当時は60㌢ほどだったマツも今では4㍍を超え、筒城浜海水浴場の「白砂青松」の景観を担っている。
カゴ20杯を目標に、草を両手いっぱいに抱えて運んだ大野暖悟さん(4年)は「元気なマツに育ってほしい」と話した。

関連記事

  1. アグレッシブに市政運営を。白川博一市長インタビュー
  2. 屋外映画館開館を目指して クラウド・ファンディングを15日まで募…
  3. 両高校で卒業証書。250人が学び舎巣立つ。
  4. 3年ぶり行動制限ない夏 壱岐の島夜空の祭典2千発彩る
  5. 文科大臣表彰に 石田、瀬戸両小学校。
  6. Iki‐Bizが閉所。相談は3年間で2095件。
  7. ヒマワリ1500本が満開 芦辺・市山石油の裏手
  8. 猛毒ヒョウモンダコ 芦辺漁港で3尾発見

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP