政治・経済

「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明

壱岐イルカパーク&リゾート施設説明会が8日、同パークで開かれ、出席した市議会議員(出席13人)に対し、指定管理者・壱岐パークマネジメントの高田佳岳代表が水質・底質の成分分析結果、飼育・トレーニング方法、新規導入した3頭などに関して説明した。白川博一市長、眞鍋陽晃副市長も同席した。
同パークを巡っては、同社が指定管理となりリニューアルした2019年4月以降、7頭のイルカが死亡。今年だけでも3頭が死亡して、一時は飼育イルカが1頭だけになった。このままでは同パークの観光価値が大きく損なわれてしまうため、市議会定例会9月議会で3頭を追加購入(1頭はリース)する議案が上程され、原案通り可決したものの、議員からは「はっきりとした死因が不明のまま新たに導入しても、また同じことを繰り返すのではないか」「9月末で4人のトレーナーが退職し、残った2人だけで新たに導入される3頭の飼育・トレーニングに無理はないのか」など懸念する声が上がった。そのため市観光課と同社が理解を深めるためにこの日の説明会となった。
8月の水質調査、9月の海底汚泥調査の結果は、心配された重金属を含めほぼすべての項目で基準値を下回っており、目立った問題点はなかった。トレーナーは2人の新規採用があり計4人となり、リーダーの林菜穂子さんはメキシコのドルフィン・ディスカバリーで勤務した経験のある飼育歴21年のベテランで、他の3人のトレーナーもECO動物海洋専門学校卒業生、栄養士資格者であることなどが紹介された。
高田代表は「飼育エリアを外洋に近い湾口部に移動。水温が湾奥部と1℃程度違い、透明度、流れも良くなりゴミの漂着も少ない。1か所に有機物が溜まらないように網替え、いけすの位置変更、ポンプで海水の入れ替えをこまめに行っている。トレーニングはイルカの自主性を尊重している。エサの品質も鮮度を重視し、生きたままの魚を放して狩猟本能を目覚めさせる工夫もしている」などと対策について説明した。
これまでトレーニングを嫌がっていた最古参の「あずき」も、この日は市議の前でジャンプを披露するなど性格が前向きになってきた。新たに導入された3頭も順調にトレーニングメニューをこなしており、このまま進行すれば来年の観光シーズンには体験メニューも含めて、観光客が満足できるメニューを実施できそうだ。

関連記事

  1. 新教育長に山口千樹さん 沼津出身、元壱岐高校校長
  2. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  3. フォロワー倍増 壱岐ファン増に貢献 地域おこし協力隊 髙田、田…
  4. 水道基本料金8か月減免 新型コロナ地方創生臨時交付金
  5. 壱岐地区代表牛14頭を選考 メーン6区は弁慶3産子 7月7日 県…
  6. 壱岐3蔵が金賞 本年度酒類鑑評会
  7. 大石県知事が本市を行政視察 「壱岐はポテンシャルが高い」 「壱岐…
  8. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP