文化・芸術

壱岐実行委が設立 R7ながさきピース文化祭

 令和7年9月14日から11月30日にかけて本県で開かれる第40回国民文化祭、第25回全国障害者芸術・文化祭(=ながさきピース文化祭2025、文化庁、厚生労働省など主催)に合わせて壱岐大会を実施する本市実行委員会の設立総会と初会合が13日、壱岐の島ホールで開かれ、事業計画案など承認した。委員は行政、福祉、学校、公民館、文化団体など19委員で構成され、会長には白川博一市長が就いた。
同文化祭は全国規模の文化の祭典で、1986年から毎年各県の持ち回りで開かれており、本県開催は初。令和7年度は原の辻遺跡の国特別史跡指定25周年、松永安左エ門翁の生誕150周年を迎える。
承認された壱岐大会の実施方針では、▽文化芸術によるまちづくりと新たな文化の創出▽文化資源を生かした観光の推進▽心のバリアフリーの推進の3点を基本方針とする実施方針案を承認。総合文化事業、食・文化交流事業、障害者芸能文化事業を行うこととしたが、具体的な事業はそれぞれの事業ごとに設けた専門部会で検討し、来年1月上旬までに計画を取りまとめ、県に壱岐市大会実施計画を提出する。
山口千樹教育長は冒頭の挨拶で、「本市では人口減少が進み、コロナ禍の影響で市民の皆様は少々元気がない状況の中で、文化やスポーツの力が大切と考えている。壱岐市全体を一つの会場と捉えて関連事業を行い、壱岐の魅力を大いに発信し、たくさんの人を呼び込み元気づけたい」などと述べた。

関連記事

  1. 和太鼓集団「風舞組」が30周年 記念公演に約4百人が来場
  2. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  3. 壱岐から初参加へ AIG高校生外交官に名倉真矢さん
  4. 版画部門で野川さんに知事賞 第69回子ども県展表彰式 副知事らが…
  5. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  6. 新作1点を追加 一支国博物館「ボクネン展」
  7. 出迎え・見送りでおもてなし オレンジレンジライブ歓迎委員会
  8. 4年ぶりに開催 津神社壱岐国牛まつり

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP