政治・経済

九州郵船が創立百周年祝賀会 白川市長ら300人が出席

九州郵船株式会社(本社・福岡市、竹永健二郎代表取締役社長)は15日、福岡市のホテルオークラ福岡で創立百周年記念祝賀会を開き、約300人が出席した。同社は1920年8月15日設立で、一昨年に百周年を迎えていたが、新型コロナの影響で2年遅れの祝賀会開催となった。
竹永社長は「5年、10年先のビジョンを立て、目的、方向性を見失わないことが重要だ。今後様々な危機的状況が予想されるが、正しく判断し素早く対策を立て、1人1人が目的意識を持ち、自己を啓発し、意識改革とチャレンジ精神を念頭に置き、より一層のサービス向上に努めなければならない。百周年を契機に心新たに安全運航を基本とし、作業に邁進し、さらなる飛躍を目指す覚悟だ」と挨拶した。
本市からは白川博一市長、鵜瀬和博県議、豊坂敏文市議会議長らが出席。白川市長は「戦前戦後を通して島民の出会いと別れを演出し、壱岐・対馬両島の生活文化を支える公共交通機関として、また教育旅行、スポーツ合宿、観光振興に尽力して頂き、まさに運命共同体だと思っている。新型コロナ、燃油高騰、人口減少等による利用客数減少など、厳しい情勢でも公共交通機関としての使命を全うするため経営努力続けておられることに深く敬意と感謝の意を表する。両市発展の生命線である本航路の充実、活性化に、今後も引き続き協力していく」と祝辞を述べた。

関連記事

  1. 重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに…
  2. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選
  3. いきっこ留学改善を承認 運営委員会で検証続ける 10月1日から …
  4. 「これからの離島留学検討委員会」 県が関係3市とともに設置 20…
  5. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル
  6. 壱岐地区代表牛14頭を選考 メーン6区は弁慶3産子 7月7日 県…
  7. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  8. 未利用魚の価値化など 「壱岐なみらい研究所」市職員らが研究発表

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP