スポーツ

3校連合は準々決勝敗退 大崎に8‐1も堂々のベスト8

来春のセンバツ甲子園につながる第153回全国高校野球選手権長崎大会は7日、県営ビッグNスタジアムで準々決勝が行われ、連合チームとして初めてベスト8進出を果たした壱岐商・対馬・上対馬の3校連合が佐世保地区新人大会優勝の大崎と対戦した。
大崎は1回裏にいきなり4点を先制し、ゲームを優位に進めた。その後は3校連合先発の壱岐商・長岡拓実(2年、勝本)、リリーフした同・豊坂将平(2年、勝本)が大崎打線をしっかりと抑え、6回表には1点を返したが、6回裏に4失点し、8‐1で7回コールド負けとなった。これまで好調だった打線は大崎の2投手に4安打と抑えられた。
それでも3校合わせて15人の部員で、壱岐と対馬という地理的な条件から合同練習もなかなかできない中、この日も失策は1で、大会4試合で計4失策と堅い守備。延長戦勝ち2回、サヨナラ勝ち2回とチームの結束力は単独チーム以上のものを見せた。県大会ベスト8という胸を張れる結果は、他の連合チームにも大きな自信をもたらした。
来春はこの活躍に刺激を受けた新入生が大量に入部する可能性もあり、今後もこの連合チームが存続するかは分からないが、壱岐商の2年生5人、1年生1人には貴重な経験となる県大会となった。

関連記事

  1. 男女とも惜敗 県少年ソフトボール
  2. 無人島に800人 辰ノ島フェスティバル
  3. 川谷勇貴さんらが教室。芦辺ランニングクラブ
  4. 壱岐市中体連球技・剣道大会成績
  5. ウニキャラの名前変更
  6. 郷ノ浦が両部門優勝 壱岐一周駅伝
  7. 離島留学生5人を入市式で歓迎 壱岐高校東アジア・中国語コース
  8. 「しまの映画館」が開館 9日に「最強のふたり」上映

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP