スポーツ

壱岐から岩井さんが初出場 身体障害者野球大会

来年の全国大会予選会を兼ねた第15回中・四国身体障害者野球大会(同野球連盟主催)が17日、岡山県倉敷市、マスカットスタジアムであり、郷ノ浦町出身で広島市在住の内田真人さん=障害区分・下肢=と同町在住の江口慎哉さん(32)=同・療育=、岩井竜也さん(35)=同・上肢=が、高知ニューフレンズの選手として出場した。初戦の徳島ウイングスに9‐1で敗退し、続く5位決定戦でも愛媛ブレイドに11‐0で敗れたが、初出場の岩井さんをチームに迎え、壱岐勢が一丸となって試合に臨んだ。

内田さんが高知県の大学出身だったことから高知ニューフレンズに所属し、江口さんは今年5月の全国大会から同チームに入り、試合に出場している。
岩井さんは内田さんの中学校時代の同級生。幼い頃に事故で右手の指を失い、志原小ソフトボール部に所属していた頃から左手にはめたグローブで捕球した後、そのままボールを空中に放り、その間にグローブを右脇に抱えて左手で球をキャッチして投げる方法でプレーしてきた。

きっかけは少年ソフト時代

今大会出場のきっかけは郷ノ浦町の自営業、出口靖嗣さん(63)からの誘いだった。以前、柳田小ソフトボール部の監督だった出口さんは、対戦相手の志原小チームで外野を守っていた岩井さんのプレーが印象に残っていた。未経験ながら今春の大会に出場した江口さんの活躍を知り、岩井さんの職場まで行って出場を打診。自身もサポーターとしてチームに加入し、サードコーチャーを務めた。

「障害者の社会進出に」

岩井さんは大会を終え、「気持ちが良かった。自分に似たような(障害を持った)方も頑張っていて元気づけられたし、チームメイトも一生懸命やっていて感動した」と振り返った。
また、「(障害があると)周囲に迷惑をかけていないか内気になってしまうこともあるが、今回の大会では内気な人はいなくて、皆が伸び伸びとと励まし合ってプレーしていたので、こういう場はいいなと思った。今後も都合が合えば参加したいし、このような大会があると知らせていきたい」と話した。
出口さんは「何か手伝えないかという思いだった。障害者と一緒にやって自分も勉強をさせていただいたし、元気を100倍もらった。今後もサポートしたい」と話した。
内田さんは「身体障害者野球が広まって大変嬉しい。普通のスポーツは難しくても様々に工夫することで障害者野球ならできる、障害がむしろ活かされる、活躍の場があると思う。障害者野球が障害者の社会進出に繋がってほしいし、同じような障害がある人にも体験していただきたい」と話した。

関連記事

  1. 石田少年クラブが団体優勝 唐津飛翔旗少年剣道大会
  2. 市民体育大会 球技種目に760人が参加
  3. 警察業務に関心 中学生が職場体験
  4.  病院企業団加盟を市医師会が了承 近く県に加盟要望書を提出  市…
  5. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  6. 6種目で大会新記録が樹立 第38回ナイター陸上競技大会
  7. 630人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル
  8. 山内賢明さんが受賞 離島振興60周年表彰

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP