文化・芸術

「猫のダヤンとアベコベアの月」展 9月10日まで一支国博物館で開催

 一支国博物館の第65回特別企画展「池田あきこ原画展『猫のダヤンとアベコベアの月』」が21日に開幕した。9月10日まで。観覧料は一般400円、高校生以下200円、未就学児無料。
ダヤンは絵本作家の池田さんが描く、可愛くもちょっとミステリアスなネコで、絵本をはじめ様々なグッズで子どもから大人まで高い人気を誇っている。今年はダヤン誕生40周年で、各地で記念展示が開催されている。
今回の展示は絵本「アベコベアの月」シリーズの原画を軸に、マザーグースをテーマにしたフォーチュンカードの原画、旅先などで描いたスケッチブックなど全55点を展示。スケッチブックは会期中に作品入れ替えを予定している。
河合恭典副館長は「展示の入口から絵本の中に迷い込むような演出をしている。『アベコベアの月』はダヤンの夢の中の世界で、なおさら不思議な世界が展開されている。大人もあまり深く考えずに、直感的に不思議な世界を楽しんでもらいたいと思っている。パステルと色鉛筆で描かれたネコの毛並みのほんわかとした柔らかいタッチのふわふわ感や、旺盛な好奇心を表している大きな目など、ダヤンの魅力に触れてもらいたい。壱岐とは直接関係がない作品ではあるが、スケッチブックには『猫島』として有名な福岡・相島など離島のネコたちも描かれている」と展示の見どころについて解説した。
2階ではダヤンに関するオリジナルグッズを多数販売しており、8月11日には池田さんのサイン会、ギャラリートークも予定されている。
◆池田あきこ 東京生まれ。1976年に革工房わちふぃーるど設立。83年に東京・自由が丘店のシンボルキャラクターとして「猫のダヤン」を描く。その頃から不思議な国・わちふぃーるどを舞台にした物語を描き始め、絵本、画集、旅のスケッチ紀行など著書は130タイトルを超えている。作品の原画は河口湖・木ノ花美術館に常設展示されている。

関連記事

  1. 壱州荒海太鼓部が2曲披露 壱岐イヴェールマルシェ
  2. 出迎え・見送りでおもてなし オレンジレンジライブ歓迎委員会
  3. 壱岐実行委が設立 R7ながさきピース文化祭
  4. 中嶋悠樹さん(鯨伏6年)が3年連続最優秀 中永那奈美さん(那賀3…
  5. カワヨシノボリ「壱岐佐賀型」求めて 大村高理科部が来島調査
  6. 山口幹雄賞に植村德治さん 第65回市美術展覧会表彰式
  7. 小鉢さん(盈科1年)中嶋さん(鯨伏4年)最優秀 第50回県読書感…
  8. 海洋ゴミからイキサウルス 造形アーティストの石田さん

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP