地域情報

廃プラのリサイクル考える Bコープ取得の㈱コレル

芦辺町芦辺浦でコワーキングスペース「ACB Living」を運営する株式会社コレルは8日、プラスチックのリサイクルなど学ぶオンラインセミナーを開き、約15人が参加した。
同社は環境や社会に配慮した公益性の高い企業に与えられる国際認証「Bcorp」を取得し、環境問題の啓発など行っている。
セミナーでは、大阪の廃棄物処理会社で働き、オンラインコミュニティ「ごみの学校」を運営する寺井正幸さんを講師に、プラスチックを巡る現状や課題を学んだ。
寺井さんはプラスチックにはPP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)があり、リサイクルするためには単一材質に仕分ける必要があることや、国内の廃プラスチックは輸出12%、焼却64%、埋め立て8%、リサイクルは16%に留まっていることを説明。また、質が悪い廃プラスチックが輸出され、放置されて自然界を汚している現実を示し、プラスチックの減量と分別で、適切に処理する重要性を説いた。
セミナーに続き、讃岐谷共同代表らは清石浜海水浴で漂着ゴミを拾った。同社の刑部友理さん(28)は「海洋ゴミは大きな問題とわかってはいたが、活動をして、より自分事に感じた。壱岐からこういう活動を発信していきたい」と話した。

関連記事

  1. 21点が壱岐初公開。松永安左ェ門「耳庵展」。一支国博物館 特別企…
  2. 山石さん飼養「かねはる」、全共宮城大会3区出場決定。
  3. 雨の中勇壮に 八幡浦でカズラ曳き
  4. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  5. 盛大に創立20周年を祝う 関西壱岐の会記念総会・懇親会
  6. 石棺墓からゴホウラ製貝輪。弥生時代初期に南方との交流か。聖母宮西…
  7. 壱岐5島が盛り込まれる 国境離島新法要綱
  8. 長岡秀星さん最古の作品発見 高校同級生・篠崎さんが寄贈 7日まで…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP