地域情報

春の風物詩 賑わう瀬戸市

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市内5浦を巡る春の市が15日の瀬戸市から始まった。

 

春の風物詩として毎年4月の第3日曜日に開催。約100㍍の通りに出店が並び、家族連れや子どもらで賑わった。出展していた衣料店の店主は、「普段より購買率があがり、通常店舗で販売している商品でも雰囲気で売れる。しかし、昔と比べかなり人が減った」と語った。

 

日程は次の通り▽21日勝本市(黒瀬商店街付近)▽22日芦辺市(芦辺浦商店街)▽29日石田市(石田小中学校前道路)▽5月13日郷ノ浦八日市(郷ノ浦市街地)。

 

関連記事

  1. 高校生の文化芸術祭。壱州祭20日まで開催。
  2. コロナ検査気軽に 検査キット自販機設置
  3. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  4. プレミアム商品券第2弾も完売。島民宿泊・バスツアーも上限間近。
  5. 赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル
  6. 野元牧場肥育牛が最高評価。メーンの第7区肉牛群で2位。全国和牛能…
  7. 大大神楽で有終舞台。福刻パラノイア
  8. 湯ノ本温泉成分石けんに ACB工房が販売開始

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP