地域情報

春の風物詩 賑わう瀬戸市

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市内5浦を巡る春の市が15日の瀬戸市から始まった。

 

春の風物詩として毎年4月の第3日曜日に開催。約100㍍の通りに出店が並び、家族連れや子どもらで賑わった。出展していた衣料店の店主は、「普段より購買率があがり、通常店舗で販売している商品でも雰囲気で売れる。しかし、昔と比べかなり人が減った」と語った。

 

日程は次の通り▽21日勝本市(黒瀬商店街付近)▽22日芦辺市(芦辺浦商店街)▽29日石田市(石田小中学校前道路)▽5月13日郷ノ浦八日市(郷ノ浦市街地)。

 

関連記事

  1. 日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開
  2. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  3. 屋外映画館開館を目指して クラウド・ファンディングを15日まで募…
  4. 旧石器時代の遺物発掘 原の辻遺跡南側
  5. 警察と医・歯・薬3会が県内初連携 高齢社会総合対策市医療機関ネッ…
  6. 「30歳の成人式in壱岐の島」 8月15日・筒城浜
  7. 電動スクーターをレンタル。「イキエコ」が事業スタート。充電スポッ…
  8. 濱田さんに文武両道賞。空手道スポーツ少年団。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP