地域情報

春の風物詩 賑わう瀬戸市

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市内5浦を巡る春の市が15日の瀬戸市から始まった。

 

春の風物詩として毎年4月の第3日曜日に開催。約100㍍の通りに出店が並び、家族連れや子どもらで賑わった。出展していた衣料店の店主は、「普段より購買率があがり、通常店舗で販売している商品でも雰囲気で売れる。しかし、昔と比べかなり人が減った」と語った。

 

日程は次の通り▽21日勝本市(黒瀬商店街付近)▽22日芦辺市(芦辺浦商店街)▽29日石田市(石田小中学校前道路)▽5月13日郷ノ浦八日市(郷ノ浦市街地)。

 

関連記事

  1. 山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊
  2. キャンドルを陸前高田へ 市ボランティアの集い
  3. 『よみがえった石ころたち展」① 一支国博物館
  4. GⅠ優勝戦で2着 ボートレース下條雄太郎
  5. 人口減や施策を説明。黒﨑局長が中学校で講話。
  6. 今年初めてO157が発生
  7. 今年こそ、県中総体へ!!。市中体連球技・剣道大会。
  8. 児童・園児125人出場。霞翠わんぱくすもう大会

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP