地域情報

環境啓発に共感 シーカヤック寄贈 大阪のサラヤエスビーエス

SDGsの取り組みに関する研修や教育旅行を手掛けるサラヤエスビーエス株式会社(根本三千夫代表取締役社長、本社・大阪市)は3月30日、芦辺町の内海湾でシーカヤック体験を運営する一支国シーカヤック(鵜瀬守代表)にシーカヤック1艇などを寄贈した。
寄贈されたのはエストニア製のシーカヤック(2人乗り、全長6・5㍍)とパドル、ライフジャケットの一式。
一支国シーカヤックが、体験者に海洋プラスチックや漂着ゴミなど環境の啓発を行ってことに共感したことに加え、カヤック体験を通じて漂着ゴミの現状や海の魅力を多くの人に見てもらいたいとの思いから寄贈の運びとなった。この寄贈を受け、所有するシーカヤックは22艇になった。
青島公園駐車場であった寄贈式で鵜瀬代表は「ありがとうございます。子どもたちにいろいろな経験をしてもらいたいし、島外の方にも壱岐の魅力を知ってもらいたい」と感謝を述べた。
根本社長は「壱岐のSDGs未来都市に相応しい活動をしてあり、対馬、壱岐の漂着ゴミを知ってもらいたい。観光を呼び込みながらゴミをしっかりと見せて、あるいは研修して大人の行動を変えるようなきっかけづくりをしたい」などと話した。
一支国シーカヤックの問い合わせは、市観光連盟(☎47‐3700)へ。

関連記事

  1. 壱岐は島そのものが宝物 白川博一市長新春インタビュー
  2. 国境離島に118億円。新年度政府予算案が閣議決定。
  3. 特殊詐欺を未然に防止。2人に壱岐署長感謝状。
  4. 長島に漂着遺体 ズボンのタグにハングル表示
  5. 2人の地域おこし協力隊員。情報発信に取り組む。
  6. 白川市長が4選出馬表明。SDGs実現の道筋に意欲。
  7. NCCで百回放送スタート 壱岐高放送部ふるさとCM
  8. 児童からの質問途切れず。宇宙学校いき開校。

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP