行事・イベント

正月あそびに親子連れ 原の辻ガイダンス

正月にちなんだ昔ながらの遊びを楽しむイベントが7日、原の辻ガイダンスであり、親子連れら約50人がコマまわし、けん玉、めんこ、羽根つき、だるま落とし、たけぽっくり、弓あてなどを楽しんだ。新年の幕開けに、日本古来の遊びを楽しんでもらおうと一支國研究会(伊佐藤由紀子理事長)が毎年開いている。
イベントは伊佐藤理事長の鏡開きでスタート。2段の餅は同施設前の圃場で収穫した古代米の緑米、黒米を使い、イベントでついた餅を使用。参加者には古代米のぜんざいが振る舞われた。
両親と兄弟で参加した河野明日美さん(石田小3年)は「弓あては、最初はうまく飛ばなかったのに、やっているうちにうまくなって、的に刺さるようになったのが嬉しかった。コマまわしは難しくてうまく回せなかったが、もっと練習して回せるようになりたい」と話した。

関連記事

  1. ゴミ71袋分回収  霞翠小ごみゲッツ
  2. トルコ地震に募金活動 壱岐ライオンズクラブ
  3. お田植祭で豊作祈る 宮中献穀事業
  4. 日韓の45人が親交深める 朝鮮通信使友情ウォーク
  5. 宮中献穀献納米の清祓神事 牧永田長「100%に近い出来」
  6. 博物館屋上から太鼓の音が響く 第10回壱州祭ステージ部門
  7. 保護前と後の表情見て 犬猫保護団体が写真展
  8. 優勝は77㌢春日市の田原さん 第5回タイラバ大会

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP