政治・経済

当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増

市は2月22日、市議会定例会3月議会(2日開会)に上程する新年度当初予算案を発表した。一般会計の予算規模は241億9千万円で、今年度の223億9千万円と比べて18億円、8・0%増で編成された。
当初予算の重点事業として取り上げたのは「結婚・出産・子育て支援の充実」。第3次市総合計画の基本目標のひとつである「結婚・出産・子育て・教育の希望がかなうまちづくり」の実現のため、「子どもを産み育てることに喜びを感じられる社会、次代を担う子ども一人ひとりの育ちを応援するための支援の充実を重点的な取り組みとする」と説明した。県の新年度当初予算の最重要テーマとして掲げられた「子どもが夢や希望を持って健やかに成長できる社会の実現」とほぼ合致する内容となった。

関連記事

  1. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念
  2. 焼酎で本県をPR 「長崎の変」壱岐の蔵酒造
  3. 収穫、木工体験も 観光農園へ準備 片山あじさい園
  4. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  5. 壱岐の華「初代嘉助」「海鴉」 品評会で金賞
  6. 郷ノ浦町坪触の県道一部トンネルに 来年度中完成へ
  7. 万歳三唱で祝う 対象者448人市還暦式
  8. 2議案を可決 市議会予算特別委

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP