政治・経済

壱岐の華「初代嘉助」「海鴉」 品評会で金賞

世界のウイスキーとスピリッツ、焼酎を審査する品評会「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」(同実行委主催、企画・運営ウイスキー文化研究所)の焼酎部門の審査結果が5月26日に発表され、芦辺町の株式会社壱岐の華(長田浩義代表取締役)が出品していた「初代嘉助」と「海鴉」が金賞を受賞した。

同部門は2020年から始まり今年で3回目。今回は全国から芋、麦、米、黒糖など計281本(麦は68本)が出品され、134本が金賞(同27本)を受賞した。海鴉は昨年度銀賞を受賞していた。

焼酎の品評会はこれまで、国税局が各地域で行う酒類鑑評会が主で、本市の場合は福岡国税局の北部九州3県(福岡、佐賀、長崎)の地域に限られていた。関係者は全国的な品評会開催を歓迎している。

同社の営業・企画部の長田貴大さん(33)は「海鴉は毎年中身を見直している。全国的な評価の場ができて嬉しい。今後の励みになり、光栄です」と喜びを語った。

文化庁は昨年12月、こうじ菌を使った「伝統的酒造り」を国の無形文化財に登録。さらに今年3月にはユネスコ無形文化遺産に提案されるなど、日本が誇る文化として改めて見直されており、長田代表取締役(61)は今回の受賞について「壱岐焼酎として金賞を受賞したことにも意味が大きい」と喜びを語った。

同社のほか郷ノ浦町、玄海酒造の「壱岐」と「壱岐スーパーゴールド22」が銀賞を受賞した。

関連記事

  1. 眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年
  2. 焼酎で本県をPR 「長崎の変」壱岐の蔵酒造
  3. 国への情報提供今期見送り 防衛省レーダーに影響あり
  4. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル
  5. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  6. 日本郵便と協働体制構築を締結 社員1人を2年間本市に派遣
  7. 壱岐市転出超過172人 人口移動報告
  8. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP