政治・経済

壱岐の華「初代嘉助」「海鴉」 品評会で金賞

世界のウイスキーとスピリッツ、焼酎を審査する品評会「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」(同実行委主催、企画・運営ウイスキー文化研究所)の焼酎部門の審査結果が5月26日に発表され、芦辺町の株式会社壱岐の華(長田浩義代表取締役)が出品していた「初代嘉助」と「海鴉」が金賞を受賞した。

同部門は2020年から始まり今年で3回目。今回は全国から芋、麦、米、黒糖など計281本(麦は68本)が出品され、134本が金賞(同27本)を受賞した。海鴉は昨年度銀賞を受賞していた。

焼酎の品評会はこれまで、国税局が各地域で行う酒類鑑評会が主で、本市の場合は福岡国税局の北部九州3県(福岡、佐賀、長崎)の地域に限られていた。関係者は全国的な品評会開催を歓迎している。

同社の営業・企画部の長田貴大さん(33)は「海鴉は毎年中身を見直している。全国的な評価の場ができて嬉しい。今後の励みになり、光栄です」と喜びを語った。

文化庁は昨年12月、こうじ菌を使った「伝統的酒造り」を国の無形文化財に登録。さらに今年3月にはユネスコ無形文化遺産に提案されるなど、日本が誇る文化として改めて見直されており、長田代表取締役(61)は今回の受賞について「壱岐焼酎として金賞を受賞したことにも意味が大きい」と喜びを語った。

同社のほか郷ノ浦町、玄海酒造の「壱岐」と「壱岐スーパーゴールド22」が銀賞を受賞した。

関連記事

  1. 水道基本料金8か月減免 新型コロナ地方創生臨時交付金
  2. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選
  3. 10人以上での会食も容認 10月29日から人数制限解除
  4. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ
  5. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  6. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  7. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  8. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP