地域情報

湯ノ本温泉の魅力知って 温泉ソムリエ招き講習会

 

温泉について学ぶ講習会が12~14日、湯本地区公民館であり、3日間で約60人の市民が受講した。湯ノ本温泉をもっと知ってもらい、その魅力を島外に発信してもらおうと、壱岐湯本温泉旅館組合と鯨伏地区まちづくり協議会が、観光庁の看板商品創出事業の採択を受けて初めて企画した。
講師は鹿児島県在住の温泉ソムリエ協会師範、六三四(むさし)さんが務め、各日90分間の授業を開催。受講者は温泉の定義や適応症(効能)の種類、入浴の仕方まで温泉のいろはを学んだ。
六三四さんは湯ノ本温泉(泉質=ナトリウム塩化物温泉)について、開湯1500年以上の歴史があり、全温泉施設が自家源泉かけ流しであることなど紹介。「湯ノ本温泉の泉質は全てナトリウム塩化物泉で同じだが、各温泉、宿で含まれる成分量は違い、その違いを五感フル活用で感じてもらいたい」と話し、受講者は熱心に聞き入っていた。

関連記事

  1. 「努力次第で防げるものも」 辰ノ島でボランツーリズム
  2. 樋渡啓祐元武雄市長が壱岐で初講演 地方創生の秘訣を披露
  3. 本市から2団体が受賞 ながさき水産業大賞
  4. 松嶋さんが海上保安協会会長賞。未来に残そう青い海図画コンクール
  5. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら
  6. 貞方さんは優秀賞 県中学生弁論大会
  7. 百歳到達者は17人 知事、総理大臣表彰
  8. 壱岐牛と壱岐産ユズ。キーマカレー新発売。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP