地域情報

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は20日、石田町筒城仲触の白沙八幡神社氏子、安永利幸さん(55)の田圃で献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加した。耕作長は安永大樹さんが務めた。

同支部によるお田植え祭は平成2年から始まり、今年で30回目。神事には田長、耕作長をはじめ、筒城小学校児童30人が務めた早乙女・田男、白川博一市長、山本啓介県議らが参列して、1年間の豊作を祈願。注連縄(しめなわ)に囲まれた献穀田で菅笠、茜たすきに身を包んだ早乙女、田男が、古式に則りコシヒカリの早苗を植え付けた。

田長の安永さんは「海に近く風が強い場所なので、無事に収穫を迎えられることを祈っている。大きな台風に直撃されないか気が気でないが、目を離さずに立派に育て上げたい」と意気込みを語った。

関連記事

  1. 一支国博物館は減少 GW観光客数 
  2. 「そうなんだ」「わかる」女性に好感持たれる金言
  3. 赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル
  4. スイレンが満開。筒城浜ふれあい広場。
  5. 新市庁舎建設案を市民に説明 勝本30人、芦辺22人の参加 質疑応…
  6. あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。
  7. 堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊…
  8. 空路存続の機運高める。離島航空路線活性化シンポジウム

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP