スポーツ

県中学選抜に本市から初選出 4人がベスト4入りに貢献

第20回全国中学生都道府県対抗野球大会 九州沖縄ブロック予選大会が8、9日、福岡県のかぶとの森公園野球場などで開かれた。
同大会には長崎県選抜チームとして、本市から浦上脩吾(郷ノ浦3年)、岩本篤弥、日髙陵真、山口廉斗(いずれも勝本3年)の4人が選出され、試合に出場した。
郷ノ浦は今年度の県大会で3回の優勝、選抜九州大会優勝、勝本は県中総体優勝、全国中学総体出場などの実績があり、その主力選手らが8月の県選抜試験を受験。90人以上の受験者から18人が選抜され、本市の4人が選出された。本市から県中学選抜チームに選出されたのは初めてのことだった。
長崎県選抜は予選Bパートで、初戦のコントレイルU‐15(福岡県)戦を6‐5の逆転負けで惜しくも落としたが、2戦目の鹿児島県選抜戦は延長9回5‐4でサヨナラ勝ちし、同パート2位で決勝トーナメントに進出した。
4チームによる決勝トーナメント準決勝では宮崎県選抜と対戦。4回までは0‐0の投手戦となったが、5回以降に失点し7‐0で敗れ、全国大会出場の夢は潰えた。
それでも本市から選抜された4人は、コントレイルU‐15戦では浦上が先発して好投。日髙も6回からリリーフ。山口はセカンドで先発出場した。鹿児島県選抜との2戦目は岩本が先発捕手として出場。準決勝の宮崎県選抜戦でも山口がセカンドで先発出場、浦上、日高がリリーフで登板するなど、4人とも選抜チームのベスト4入りに貢献した。
▽予選リーグ
コントレイル
2000112-6
0010400-5
長崎県選抜

鹿児島県選抜
000101020-4
010100121-5
長崎県選抜
▽準決勝
宮崎県選抜
0000124-7
0000000-0
長崎県選抜

関連記事

  1. 長岡が走幅跳、百メートル3連覇。市中体連陸上・相撲競技大会
  2. 壱岐支部が発足 牛削蹄師会
  3. 男女とも郷ノ浦Aが優勝 市中体連駅伝
  4. 百歳到達者は17人 知事、総理大臣表彰
  5. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  6. 武生水が大会新で2連覇 郷ノ浦町内一周駅伝
  7. 盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。
  8. リオ金メダルを約束 視覚障がいマラソン・道下選手

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP