地域情報

中学生が職場体験 巡視艇で体験航海も 壱岐海上保安署

壱岐海上保安署で12~14日、市内中学校の生徒が職場体験を行い、署員の指導を受けながらロープワークや海図の見方など習ったほか、巡視艇いきぐも(総トン数101㌧)の体験航海も経験した。
体験したのは芦辺、石田、郷ノ浦3校の生徒9人。石田、芦辺両校の生徒は12~13日、郷ノ浦の生徒は13~14日に実施した。
12日午後にはいきぐもの甲板で、岸壁側に太いロープを送るために使う「レッド」と呼ばれるオモリを投げ渡す練習や巡視艇にロープを固定する結び方を習った。
巡視艇へ繋ぐ研修では、署員から「準備不足はけがにつながる。人任せにせず自分で責任を持って準備することが安全につながる」などと心構えを教わりながら、自分の腕ほどの太さのロープの扱いに試行錯誤していた。
そのほか放水訓練、指紋採取などの鑑識研修も体験。最終日には福井常久署長から、いきぐもの前で撮った集合写真入りの修了証書が授与された。
体験した一人、芦辺3年の前田蒼太さんは「最初は厳しいと思っていたイメージと違って、やってみると楽しかった。将来は海の仕事に就くかわからないけど、進路選択の一つになればいいと思う」と話した。
福井署長は「仕事の意義や責任感を学んでもらえたら。夢を持ち続けながら、夢に向かって突き進んでいただきたい」とエールを送った。

関連記事

  1. ケーブルテレビ移行が合意。ID・パスワードなど変更なし(但し、利…
  2. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区
  3. 壱岐市教職員人事
  4. 壱岐ウルトラマラソン。今年度の中止が決定。
  5. 芦辺地区まちづくり協議会設立 魅力と活気あふれる地区目指す
  6. 東京で壱岐の魅力発信 アイランダー2014
  7. 市長職務代理を中止
  8. 武原由里子さんが講演 父母と教職員の会

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP