スポーツ

田んぼにダイビング!! 霞翠小「どろリンピック」

どろリンピック(競技に熱中する児童) 霞翠小学校(豊島主博校長、96人)の恒例行事、「第13回どろリンピック」が6日、同校前の田んぼ(豊永百合夫さん所有)で4~6年生44人が参加して行われた。
田んぼの中に入って、泥まみれになって遊ぶことを通して、自然の大切さを学ぶとともにたくましく育ち、稲作への関心を深めることが目的。坂口隆教頭は「田んぼの素晴らしさ、すごさを肌で感じ、水田への感謝の気持ちを持ちながら楽しんでください」と児童らに話した。
あいにくの曇天で最高気温が18・5℃と、20度にも満たない寒さとなってしまったが、ゲームが始まると児童らは頭から田んぼに突っ込むたくましさを披露。ビーチフラッグ競技の変形「田んぼフラッグ」や、「障害物競走」、2チームに分かれて綱、タイヤ、ボールなどを取り合う「力を合わせて」などのゲームを、泥だらけになりながら楽しんだ。
もっとも泥だらけになった「泥んこ大将」には山口英児さん(5年)と村井美月さん(4年)の2人が選出された。山口さんは「寒かったけれど楽しかった」、村井さんは「どろリンピックを初めて体験したけれど、見ているよりも楽しかった」と、ともに真っ黒な顔から白い歯をのぞかせた。

どろリンピック(思い切りダイビング!!)

関連記事

  1. 壱岐少年SSCが準優勝 全国大会出場にあと一歩
  2. ギネス世界記録を作ろう!! リレー形式で壱岐牛を食べさせ合う 1…
  3. 旧公立病院跡地などを検討 第4回庁舎建設特別委員会
  4. 3校連合は準々決勝敗退 大崎に8‐1も堂々のベスト8
  5. 松本汰壱(郷ノ浦)が優勝 陸上新人戦1年男子走幅跳
  6. 9日に1000人決起大会 国境離島新法制定を後押し
  7. 7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う
  8. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP