地域情報

平均11万3千円の大幅下落 飼料高騰、肥料減産など影響 6月子牛市

JA壱岐市の定期6月子牛市が1、2日、壱岐家畜市場であり、平均価格は64万2608円(牝57万6130円、去勢68万6534円)で、前回の4月市場と比べて11万3437円の大幅下落、前回対比は85・0%となった。取引頭数は35頭減の656頭、取引総額は約1億円減の4億2155万800円と大きく減少した。平均価格が65万円を下回るのは2020年6月市場以来2年ぶりだった。

関連記事

  1. 壱岐産米をPR 一声運動スタート
  2. 日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開
  3. 壱岐焼酎で乾杯イベント。1日午後7時1分一斉に。
  4. 副署長に草場長崎署留管課長 。県警定期異動。
  5. また記録更新、68万1279円 8月子牛市場も価格高騰
  6. 議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ…
  7. 観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。
  8. 古代米刈り入れ祭 杵、臼で脱穀体験

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP