地域情報

平均11万3千円の大幅下落 飼料高騰、肥料減産など影響 6月子牛市

JA壱岐市の定期6月子牛市が1、2日、壱岐家畜市場であり、平均価格は64万2608円(牝57万6130円、去勢68万6534円)で、前回の4月市場と比べて11万3437円の大幅下落、前回対比は85・0%となった。取引頭数は35頭減の656頭、取引総額は約1億円減の4億2155万800円と大きく減少した。平均価格が65万円を下回るのは2020年6月市場以来2年ぶりだった。

関連記事

  1. 本市で最大7㍍津波の可能性 県が津波浸水想定を見直し
  2. 海にゴミを捨てないで 壱岐海上保安署が劇で呼びかけ
  3. 市長リコール署名必要数届かず。『署名数は6603筆』。市民団体 …
  4. 満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会
  5. 委員長に西雪晴さん 選挙管理委員会
  6. 第1期生14人が入学(インド・ネパール留学生8人)。こころ医療福…
  7. 市民病院でコンサート クリスマス気分味わう
  8. チューリップ満開 壮観1万5千本

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP