地域情報

小島神社周辺などを清掃 内海湾振興会、氏子ら60人

壱岐内海湾振興会(鵜瀬守会長)、JA田河青年部、田河ABC、九電工、九州電力送配電、小島神社氏子ら約60人が8日、芦辺町の小島神社と青島周辺の清掃ボランティア活動を行った。
同神社の参道や鳥居周辺、青島の海岸沿いには多数の漂着物、不法投棄の産業廃棄物などが散在しており、駐車場や周辺道路も含め、約2時間の活動で、廃タイヤ、発泡スチロール、漁具、バッテリー、ガラス片、流木など軽トラック1台分のゴミを回収した。
鵜瀬会長は「小島神社周辺は継続的に清掃しているため、年々ゴミは減少しているように思えるが、地域をきれいにし、観光客にも壱岐を気持ちよく楽しんでもらえるために、地域が一体となっておもてなしの心で取り組むことに意義がある」と話した。

関連記事

  1. 壱岐支部が発足 牛削蹄師会
  2. 委員長に西雪晴さん 選挙管理委員会
  3. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応
  4. 「責任は知事と我々政治家に」山本県議が国境離島新法で追及。県議会…
  5. 辰ノ島遊覧に新船 市議会11月会議
  6. 観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。
  7. 幅広い事業者に給付金 最大20万円を県・市が折半
  8. 4月26日の週から開始予定。市内のワクチン一般接種。

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP