スポーツ

男子A・Dでリレー2冠、4種目で優勝。竹下紘夢が最優秀選手。県ジュニア陸上

陸上競技で壱岐の子どもたちが、また大活躍を見せた。23日に諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で第47回県ジュニア陸上競技選手権大会が開かれ、本市から中学生11人、小学生13人の計24人(男16、女8)が出場。男子A(中学2・3年)4×百㍍リレーで郷ノ浦が44秒60、男子D(小学3・4年)4×百㍍リレーで壱岐ジュニアランナーズ(Jr)が1分01秒10、男子C(小学5・6年)千㍍で竹下紘夢(渡良6年)が2分59秒30、男子D百㍍で立石雅人(盈科4年)が14秒91でそれぞれ優勝し、昨年の3種目を上回る4種目制覇を果たした。

大会のメーンイベントとなった男子A4×百㍍リレー。1走豊本昂甫(2年)、2走松本汰壱(3年)、3走長門虎太郎(2年)、4走平本侑大(3年)のベスト布陣で臨んだ郷ノ浦は、予選は45秒24で2番目のタイムで決勝進出した。優勝候補筆頭の山里(長崎市)は44秒76で予選トップ通過。郷ノ浦とは0秒48差があったが、松本は「予選ではバトンパスがスムーズでない部分があった。最低でも44秒台を出す」と決勝までの間に歩数を調整し、バトンパス練習に精を出した。
山里は速い選手の順にメンバー構成し、前半でリードを広げる作戦だったが、郷ノ浦は2・3年生を交互に配置して、パトンパスを重視した。1走では山里に3㍍程度の差をつけられたが、2走以降で徐々にその差を詰め、約1㍍差でバトンを受けたアンカーの平本が、ゴール前10㍍で逆転。目標の44秒台をマークし、山里に0秒11差で優勝した。松本は「郷中メンバーで走る最後のリレーで優勝できたことが何よりも嬉しい」と喜んだ。
松本は男子A百㍍でもタータントラックでの自己ベストとなる11秒38をマークし3位となり「力まないで走れるコツをつかめた気がする」と全国中学で3位となった走り幅跳びに加え、百㍍でも全国トップクラスを狙う自信を付けた。
小学生も着々と育ってきている。男子D4×百㍍で壱岐Jrは1走山本翔斗星(田河3年)、2走小西桜ノ介(勝本4年)、3走竹下瑛汰郎(渡良3年)、4走立石雅人(盈科4年)が予選1分01秒76の2番目のタイムで決勝進出すると、決勝ではタイムを0秒66詰めて1分01秒10。男子Aと同じパターンの逆転優勝を果たした。同種目は昨年に続いての2連覇で、アンカーの立石は、昨年の1走に続いて2年連続優勝メンバーとなった。
立石は男子D百㍍でも14秒91で優勝した。小学生5・6年世代は、今年8月の全国小学生陸上男子4×百㍍リレーに県代表で出場し、準決勝に進出しているが、3・4年世代でも県内トップレベルの選手が勢ぞろいしており、ジュニア陸上界に確固たる地位を築きつつある。
全国小学生大会で、昨年は男子5年百㍍決勝4位、今年はリレーメンバーとして2年連続出場した竹下紘夢(渡良6年)は、男子C千㍍でただ一人3分を切る2分59秒30で優勝。男子C百㍍も13秒01の3位で、短・中距離の「二刀流」で卓越した能力を披露した。
総合表彰では竹下が大会最優秀選手(4人)、立石が大会優秀選手(10人)に選出された。

=決勝・総括成績=
【Aクラス】▽男子百㍍ ③松本汰壱(郷ノ浦3年)11秒38▽男子三千㍍ ④渡野幹大(勝本3年)9分03秒54▽4×百㍍リレー ①郷ノ浦(豊本、松本、長門、平本)44秒60▽男子AB共通棒高跳び ④竹藤瑛介(郷ノ浦3年)3㍍00▽女子百㍍ ④黒木向日葵(郷ノ浦3年)13秒32
【Cクラス】▽男子百㍍ ③竹下紘夢(渡良6年)13秒01▽男子千㍍ ①竹下紘夢(渡良6年)2分59秒30▽女子走り幅跳び ⑨竹藤凛(盈科6年)3㍍66▽女子走り高跳び ⑫松本陽鞠(盈科5年)1㍍10
【Dクラス】▽男子百㍍ ①立石雅人(盈科4年)14秒91▽男子4×百㍍ ①壱岐Jr(山本、小西、竹下、立石)1分01秒10

関連記事

  1. 国内初の地上炉跡発掘 勝本・カラカミ遺跡
  2. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら
  3. 「海の名人」に大久保照享さん イカ釣り漁一筋53年
  4. ホークミサイル展示 陸自が初イベント
  5. 長岡が走幅跳、百メートル3連覇。市中体連陸上・相撲競技大会
  6. 初夏の壱岐路を疾走 サイクルフェスに615人
  7. 菜の花畑が満開 着実に春が近付く
  8. 市議会定例会5月会議 耐震工事は合併特例債期限内に完了目指す

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP