地域情報

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。

綿井さんは門松寄贈を15年以上継続。また盈科小通学路の見守りも20年以上行っており、平成24年からは盈科小の児童とともに交通安全、地域安全を祈願して共同制作を行っている。

児童らは綿井さんが用意した青竹をのこぎりで同じ長さに切り揃えて竹筒を作り、これを土台にして門松を組み立て、梅、ナンテン、葉牡丹などで装飾。約2時間かけて高さ1・5㍍の門松1対を完成させた。

同少年団の綿石怜華さん(6年)は「門松を初めて作ったが、ノコギリの歯の真ん中で切るとうまく竹を切れることが分かった。壱岐の中から犯罪、交通事故が一つでも減ることを祈りながら作った」、本田陽葵さん(6年)は「竹がきれいに切れてすっきりした。交通少年団としての責任を背負って門松を組み立てた」と門松に願いを込めた。

関連記事

  1. 副署長に草場長崎署留管課長 。県警定期異動。
  2. 郷ノ浦祇園山笠が中止。
  3. 国内初の気候非常事態宣言。地球温暖化防止に先陣切る。
  4. 4海水浴場とも「AA」 県内トップの汚濁の少なさ
  5. 「ようこそ、壱岐市へ」いきっこ留学生入市式
  6. 壱岐市長選は三つ巴の見込み 4月3日告示、10日投開票
  7. 初年度2026匹を捕獲。イスズミハンター。
  8. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP