政治・経済

企業版ふるさと納税に感謝状 1千万円寄附のファウンテック

市はこのほど、企業版ふるさと納税として1千万円を市に寄附した株式会社ファウンテック(本社・東京、万谷正社長)に感謝状を贈った。市役所郷ノ浦庁舎であった贈呈式に万谷社長、万谷崇仁常務、篠﨑方哉総務部長が来島し出席した。

企業版ふるさと納税は企業を対象とした自治体への寄附に対する控除制度で、自治体が作成した地方創生に係る事業に対しての寄附に最大9割が控除される。返礼品はない。

同社は市東京事務所などと相談のうえ、寄附金の用途を藻場再生事業とし、8月25日に寄附を行った。本市の企業版ふるさと納税は同社が初となった。

白川博一市長は「万谷社長には東京壱岐雪州会の前会長としてウルトラマラソンの開催や昨年の台風被害での多額の寄附など、会社としても個人としても多大な尽力を頂いている。故郷・壱岐に対しての熱い思いに感謝の気持ちでいっぱいだ。SDGs14番目のゴールである『海の豊かさを守る』ため、いま力を入れている藻場回復に使わせて頂く」と感謝の言葉を述べた。

万谷社長は「企業版ふるさと納税については、市東京事務所の横山将司所長に聞いて、新型コロナで痛手を負っている故郷に、経済活性化の一助になればとの思いで寄附を決めた。ファウンテックは非鉄金属用溶湯処理剤(フラックス)の製造販売をしている会社で、日本のシェア75%を占め、幸いコロナ禍でも業績は好調だ。フラックスで精錬されたアルミニウムのリサイクル率は97%で、SDGsの理念は壱岐市と共通するものがある。コロナ前は毎年50人の社員を連れて壱岐に旅行するのが恒例となっていてみんな楽しみにしているが、この2年間は連れて来られなかった。来年5月には必ず来たい。東京で1人でも多くの人に壱岐をPRしていく」と今後も故郷・壱岐への支援を続けていく思いを語った。

関連記事

  1. 水道基本料金8か月減免 新型コロナ地方創生臨時交付金
  2. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  3. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  4. ラベルにアスパラ繊維も 壱岐の蔵酒造のジン第2弾
  5. 「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明
  6. 「市政に心血を注ぎ責任果たす」 白川市長が辞職を否定
  7. 未利用魚の価値化など 「壱岐なみらい研究所」市職員らが研究発表
  8. 天然サザエでクラムチャウダー 若宮水産が品評会ダブル受賞

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP