文化・芸術

工事風景力作ずらり 土木の日で県建協壱岐支部

18日の土木の日にちなみ、県建設業協会壱岐支部などは一支国博物館で写真展を開いている。観覧無料で、20日まで。

土木業を知ってもらい、将来の職業の選択肢の一助にと、毎年行われており、今年は県、市が発注した市内の漁港や道路、ため池の整備工事を、写真を交えて解説。それぞれ、施工業者が作成し、アスファルトは150℃あることや消波ブロックが1基40㌧あることなどを紹介している。

また、市内小学生が工事現場を描いた絵画コンクールの出展作品51点も展示。学校グラウンドの工事風景を描いた最優秀賞の瀬戸小1年、酒井結史さん(7)は「びっくりしました。白いところを残さないように描きました」と話した。

優秀賞受賞者は次の通り。(敬称略)
▽池末堂心(鯨伏6年)中嶋悠樹(同4年)、馬込碧人(瀬戸小1年)、日髙遂(同)

関連記事

  1. しゃぼん玉ショーに歓声 一支国博物館でGWイベント
  2. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  3. カワヨシノボリ「壱岐佐賀型」求めて 大村高理科部が来島調査
  4. テレQアナウンスコンテストに出場 壱岐高2年、松本文香さん
  5. 山口幹雄賞に植村德治さん 第65回市美術展覧会表彰式
  6. 出迎え・見送りでおもてなし オレンジレンジライブ歓迎委員会
  7. 壱岐オリジナル4作品も 一支国博物館「ボクネン展」
  8. 壱州荒海太鼓部が2曲披露 壱岐イヴェールマルシェ

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP