スポーツ

田中、野村が都大路決める 女子・諫早が完全優勝で3連覇 県高校駅伝

第73回県高校駅伝大会が5日、諫早市のトランスコスモススタジアム周辺特設コースで開かれ、男子は7区間42・2㌔に38校、女子は5区間21・1㌔に22校が出場。女子の諫早は3区野村夏希(1年=郷ノ浦中出)、5区でアンカーの田中咲蘭(2年=芦辺中出)の壱岐出身者2人を含む5人がいずれも区間賞を獲得する完全優勝で3年連続27回目の女王に輝き、12月26日に京都市で開かれる第72回全国高校駅伝競走大会(通称・都大路)への出場を決めた。田中は1年だった昨年、県大会で4区を走り区間賞を獲得しながら、全国大会ではメンバーから外れる悲運を味わっただけに、その雪辱の思いを込めたアンカーとしての激走となった。

関連記事

  1. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査
  2. 川谷勇貴さんらが教室。芦辺ランニングクラブ
  3. 松本汰壱が全日本出場決める。男子の郷ノ浦は連続準優勝。県中総体
  4. 壱岐市ソフトテニスジュニア選手権春季大会
  5. 国境離島新法制定へ総決起大会 1300人が「頑張ろうコール」
  6. 郷ノ浦港からダイビング?
  7. 石田少年クラブが団体優勝 唐津飛翔旗少年剣道大会
  8. 陸上王国・壱岐が復活!! 5種目で大会新誕生 第36回ナイター …

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP