スポーツ

田中、野村が都大路決める 女子・諫早が完全優勝で3連覇 県高校駅伝

第73回県高校駅伝大会が5日、諫早市のトランスコスモススタジアム周辺特設コースで開かれ、男子は7区間42・2㌔に38校、女子は5区間21・1㌔に22校が出場。女子の諫早は3区野村夏希(1年=郷ノ浦中出)、5区でアンカーの田中咲蘭(2年=芦辺中出)の壱岐出身者2人を含む5人がいずれも区間賞を獲得する完全優勝で3年連続27回目の女王に輝き、12月26日に京都市で開かれる第72回全国高校駅伝競走大会(通称・都大路)への出場を決めた。田中は1年だった昨年、県大会で4区を走り区間賞を獲得しながら、全国大会ではメンバーから外れる悲運を味わっただけに、その雪辱の思いを込めたアンカーとしての激走となった。

関連記事

  1. 6年ぶり川内優輝さんが圧巻の走り 壱岐の島新春マラソン
  2. 7種目で大会新記録が樹立 第37回ナイター陸上競技大会
  3. 5年間で実質13人削減 市定員適正化計画
  4. 発掘速報展が開幕 リアルタイムに展示
  5. 9日に1000人決起大会 国境離島新法制定を後押し
  6. 過去最大398㌔クロマグロ 勝本・原田進さん(69)が漁獲
  7. 盈科少年軟式野球クラブが準優勝 市長旗玄界灘少年野球大会
  8. 田中亜可梨が27年ぶりに大会記録更新 中体連女子千五百メートル

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP