地域情報

芦辺港のピアノ鮮やかに 画家 コガワ健太さんがペイント

7月末に市民有志が芦辺港2階待合室に設置したストリートピアノに、青森市出身の画家で昨年から本市に移住しているコガワ健太さん(35)がペイントを施した。

古川さんは有志から依頼を受け今月4日から着手。黒いピアノに白い塗料で下地を作った後、深江田原、空、海、夕焼けをイメージした緑、青、紫の塗料を塗り、ペンで猿岩やへそ菓子、はらほげ地蔵など壱岐の名所や特産物を織り交ぜ、クジラなどの生き物をぎっしりと描いた。中央に光が立ち昇るように開けたスペースは、神話に伝わる天比登都柱(あめのひとつばしら)をイメージしたという。

コガワさんにとっても立体物に描くことも白いペンを使うことも初の挑戦。「どこから見ても印象に残るようにしました。このピアノを通して、こういうのあったね、とコミュニケーションが広がる存在になれば」と話した。

依頼した有志の1人、小野一馬さん(35)は「コロナ禍でなかなか旅には出られない状況だが、進学や就職で島を出る人に思い返してもらえる存在になってほしい。絵の力は凄く、ピアノが弾けない人にも写真に収めるシンボリック(象徴的)になったと思う」と話した。

ペイント後は透明の塗料でコーティングを施し、20日頃には弾ける状態になる予定。

関連記事

  1. 名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成
  2. 壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール
  3. 福原悠吾が1年百㍍優勝。全日本中学通信陸上県大会。
  4. スピリチュアルで壱岐を売り出せ 隠れた観光地をツアーで検証 新道…
  5. 「結果受け止め一層成長したい」。僅差で落選の森俊介候補。
  6. 伝統文化で日韓交流 壱岐高で芸術鑑賞会
  7. 離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表
  8. 10%お得な商品券 1人10セットまで

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP