地域情報

勝本港の花火大会が8月13日に変更

壱岐の島夜空の祭典実行委員会(中村栄治委員長)は4月16日、今年の勝本港の花火大会開催日を、例年の8月16日から8月13日に変更すると発表した。時間は例年通り午後8時から。
島内各地区のお盆期間の花火大会は、14日石田港、15日芦辺港、最後を締めくくる形で16日の勝本港の順で行われていたが、今年は13日の勝本港から幕開けとなる。8月16日が日曜日のため、お盆帰省客、観光客の滞在期間にも影響を及ぼしそうだ。

関連記事

  1. 国分天満宮奉納相撲 450年の伝統行事
  2. 東京で「壱岐カフェ」開催 独身女性14人に壱岐の魅力紹介
  3. 11月1日から座席指定化。乗船前日まで予約が可能。九州郵船ジェッ…
  4. ヒマワリ1500本が満開 芦辺・市山石油の裏手
  5. 双六古墳石室内を見学 全国国分寺サミット開催
  6. 仮装パレードに笑い 勝本港まつり
  7. 総会に170人参加 東海壱岐の会
  8. 壱岐高生2人が好成績。県中国語コンクール。

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP