地域情報

雨の中勇壮に 八幡浦でカズラ曳き

八幡浦の盆の伝統行事「カズラ曳き」が13~15日にあり、編みこまれた約10㍍のカズラが同浦約1㌔の区間で曳かれ、先祖の御霊を供養した。

13、14日は先祖を西方浄土から迎えるために西から東に、15日は東から西を往復。軒先から住民が力水を浴びせ、「エンヤーマイト、ヤッサーモッサー」の独特の掛け声とともに勇壮に曳いた。15日には盆で供えた位牌を置く御座や箸を燃やし、送り火を灯した。

これまで地元の青年部が中心に行ってきたが、若手の減少で今年は消防団が中心となり実施。マスクを付けたり、人同士の間隔をあけるなど対策をして行われた。芦辺地区第2分団の分団長、三浦忠和さん(43)は「昔、中止した年に疫病が流行ったこともある。消防団員も人数が減っているがやめるわけにはいかない。浦全体で続けていきたい」などと話した。

関連記事

  1. 満開の花を観ながら散策 七変化を楽しむあじさい祭
  2. 窮状訴える声が相次ぐ。市緊急経済対策会議。
  3. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応
  4. 壱岐初のゲストハウスが開業 大川漁志・香菜さん夫婦
  5. 「新庁舎は極力スリム化」 ゲートボール場移設試算3・3億円 第2…
  6. ボート下條雄太郎選手が寄付 出身の壱岐高と勝本中野球部に
  7. フェリーあずさをリプレイス 唐津航路運賃2割程度低廉化へ
  8. ユニークな婚活取り組み。アワードで本市を表彰。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP