スポーツ

元五輪選手らがクリニック ミニバスケット選手84人参加

JX‐ENEOSサンフラワーズのOGがコーチを務めるバスケットクリニックが8月28日、石田小学校体育館で行われ、市ミニバスケット連盟に所属する小学生84人が指導を受けた。
同チームは全日本選手権優勝20回、女子トップリーグのWJBL8年連続優勝を誇る名門で、現役を引退した専任コーチが1995年から年間40か所以上の小学生を対象にした1dayクリニックや、中学生対象のバスケットボール教室など、競技の普及・振興と技術指導のため全国を飛び回っている。本市での開催は初めて。
来島したのはアトランタ、アテネ五輪代表で、アテネ五輪ではキャプテンを務めた大山妙子コーチ、身長192㌢の山田久美子コーチら6人。練習ではストレッチなどのウォーミングアップ方法から、ボールハンドリング、2人組コンビネーションドリル、チェスト・バウンドなどのパス回し、ドリブルからのストップシュートなど、2時間にわたって熱心な指導が行われた。
子どもたちは元日本代表選手らの鮮やかなプレーを目の当たりにし、目を輝かしながら練習に取り組んだ。牧山佳祐さん(柳田6年)は「パワーポジションでのコツを勉強した」、柳川帆乃歌さん(盈科6年)は「教わった山投げシュートを練習に取り入れていきたい」と自身の課題解消のヒントをつかんだ様子だった。
大山コーチは「壱岐でミニバスケットボールをやっている子どものほとんどが参加し、とても元気よく取り組んでくれたのが嬉しかった。みんなキャリアが浅いし、離島というハンデもあるので都市部に比べると技術面のレベルはまだ低いが、私たちが来ることで刺激が与えられたら、と思っている」とクリニックの意義を話した。
連盟の赤木貴尚会長は「壱岐市のチームは県大会でまだ1勝も挙げられていないが、この経験を活かして、秋季大会ではぜひ1勝したい」と成果に期待した。

 

関連記事

  1. 泥んこバレーで子どもに還る V‐Ancientが3連覇
  2. 1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック
  3. 島のひと「努力してなんぼ」国見高校サッカー部主将 郷ノ浦町出身 …
  4. 川内優輝が壱岐で走り初め。歴代最高ハーフ1時間6分35秒。壱岐の…
  5. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  6. 楢木さんが魅せた超人の走り 完走率48%の過酷100㌔を独走 第…
  7. 岩本圭助さんがファミリーの部2冠 島外から415人出走
  8. 初練習に48人 Jrランナーズ

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP