注目

イカ釣り船が火災 海豚鼻沖合

漁船火災(炎上する漁船) 19日午後2時40分ごろ、郷ノ浦町海豚鼻の南約5~600㍍の会場で、郷ノ浦漁協所属のイカ釣り船「宝成丸」(6・3㌧、橋川光夫船長、乗組員1人)から出火した。
橋川船長(72)は付近を航行中の船舶に救助されて病院に搬送された。顔と喉にやけどを負ったが、命に別状はなかった。
同船は海豚鼻の海岸に乗り上げ、同5時に鎮火。壱岐海上保安署などが出火原因を調べている。

関連記事

  1. 初の合同企業説明会 5企業が参加
  2. 壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 
  3. 本市観光客延数が4・8%増 好天で海水浴客など増加
  4. 住民参加で避難訓練 石田町山崎触で土砂災害想定
  5. 壱岐産米でおもてなし こぎ出せミーティング
  6. 環境啓発に共感 シーカヤック寄贈 大阪のサラヤエスビーエス
  7. 市民と委員にギャップ。原発再稼動に意見僅少。県原子力安全連絡会
  8. 14日の市内感染者はゼロ=14日市発表

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP