地域情報

男岳山の石猿群を描く。劇団子未来座・壱岐

劇団未来座・壱岐(土肥正史座長)の第4回定期公演「石猿~男岳山・石工の祈り~」(作・野々ふみ子、演出・堀川真穂)が8月27日、一支国博物館多目的ホールで開かれ、約200人の観客で会場は満席となった。
物語の舞台は1800年程前の壱岐。イヲドリ山(男岳山)の石工・石心(RAY堀川)とその娘・イト(川添愛梨)、石切り場で働く源(土肥正史)を中心に展開。イトは邪馬台国の女王の指示で役人の手によって魏の国に無理やり送られてしまい、父子は離れ離れになる。
石心と源は、絶望と祈りの中で石猿を彫り続ける。猿田彦の神の化身の子猿サクラ(重本利実)と天神に守られる親子が、奇跡の再会を果たすまでを、壱岐の神話、歴史をまじえながら描いた。
未来座のベテラン俳優陣に加え、石田アサ子さんのオカリナ演奏、イト、サクラ役をはじめ村人の子ども役を演じた子役たちの達者な芝居に、会場からは大きな拍手が贈られた。

関連記事

  1. 壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん
  2. 別府温泉の恩返し。豊永さん宅に温泉配達。
  3. 「良いもの取り入れるのは壱岐の歴史」海人写真家古谷さんが講演 
  4. 郷ノ浦は「反対」が圧倒的 市庁舎建設で公聴会
  5. 釜山博物館と協定書締結 県埋蔵文化財センター
  6. 原田酒造が初仕込み。県内唯一のクラフトビール醸造所。
  7. クロマツ250本植樹 八幡小緑の少年団
  8. 旅の思い出に 有志が芦辺港にピアノ設置

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP