地域情報

三島と渡良一部で藻場回復。大規模群生は8年ぶり。ホンダワラ類 ヨレモク。

郷ノ浦町の三島周辺海域と嫦娥島からツインズビーチまでの海岸一帯で、ホンダワラ類の海藻「ヨレモク」を主体とした海藻が繁茂していることが、壱岐栽培センターへの取材でわかった。壱岐周辺海域はこれまで、海水温の上昇や魚による食害などで海藻が消失する磯焼けが深刻化していた。ヨレモクはこれまで三島周辺に限定的に自生していたが、今回の海岸線を覆うほどの海藻の群生は、夏場に水温が30℃を超えて急激に磯焼けが拡大した2013年以来8年ぶりと見られる。すでにその群生にはアオリイカの産卵が確認されており、藻場回復の第1歩が始まっている。

関連記事

  1. ホタルの乱舞が始まった 清水橋では早くも数百匹
  2. 能・狂言を鑑賞、体験 筒城小
  3. 旧公立病院跡地などを検討 第4回庁舎建設特別委員会
  4. 40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団
  5. 飲食店・宿泊施設に 30~100万円支援。
  6. 来年4月から運賃低廉化。谷川、金子両議員が明言。国境離島新法報告…
  7. 勇壮な海曳き、里曳き 壱岐市御柱祭に9百人参加
  8. 9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP