地域情報

石田スポセンで30人が合宿。男子バドミントンチーム。

男子バドミントンS/JリーグⅡ所属のトリッキーパンダース(京都府)と同チャレンジリーグ1部所属のグッドウェーブ鹿児島(鹿児島)の2チームが13~16日、石田スポーツセンターを拠点に合宿を行った。

合宿に参加したのは両チームの選手9人、ジュニアチームの小学生から高校生までの選手17人、スタッフ4人の計30人。長崎県のスポーツコミッション合宿拠点づくり推進事業補助金(県と市が費用の4分の1ずつを負担)などを活用した。同制度を利用した本市でのスポーツ合宿は、2019年5月の女子バスケットボール・三菱電機コアラーズ以来となった。

トリッキーパンダースの渡邉哲義オーナー兼監督は「コロナでリーグ戦はこの1年間中止が続き、選手のモチベーションを保つためにも他チームと一緒に合宿できる場所を探していた。ちょうど長崎県から話があり、すぐに行くことを決めた。壱岐には初めて来たが、とても静かな環境で練習に集中できる。漫画『奈緒子』を愛読していたので、一度は行きたいと思っていた。漫画の中のシーンと同じ風景が広がっていて感動した」と壱岐の印象を語った。

石田スポーツセンターには空調設備がないが、バドミントンのシャトルは微妙な風の流れに影響されるだけに、むしろ好都合な部分もある。渡邉監督は「体育館も広くて使いやすく、余裕で6面が確保できる。ジュニアの選手たちはきれいな海を見ながら筒城浜の砂浜やタータンコースでランニングをするのも、トレーニング効果に加えてリラックスできる要素になっている。今後の大会や秋のリーグ戦へ向けて、良い合宿になったと思っている」と話した。

市観光課は「スポーツ合宿は交流人口拡大、関係人口構築に大きな意義があり、本市のスポーツ振興にも貢献するため誘致に力を入れており、今年は1月から5件の合宿予定があったが、コロナの影響ですべてキャンセルになってしまった。その中で新たにトリッキーパンダースさんに来てもらい、本当に良かった。市バドミントン協会のメンバーとも交流ができ、次の合宿誘致につながるのではないか」と期待した。

関連記事

  1. 風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。
  2. 子どもの数 過去最少3193人。
  3. 車両水中転落事故の2人を救助 3人に署長感謝状贈呈
  4. 郷ノ浦図書館の移転計画、旧公立病院跡地に図書館建設へ。
  5. 羊に初の赤ちゃん誕生。イオン横芝生広場。
  6. 壱岐高「集落と古墳の関係」が優秀賞。全国高校生歴史フォーラム
  7. 海岸を薄紫に彩る。ハマベノギクとダルマギク。
  8. ラッピングトラック。4台がお披露目。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP