地域情報

テレワークセンターがオープン。原の辻遺跡前に5社がサテライトオフィス設置。

市と富士ゼロックス長崎株式会社(本社・長崎市、秋山富也社長)は9月29日、芦辺町深江鶴亀触の原の辻遺跡に面した倉庫を改修した「壱岐テレワークセンター」(鉄骨平屋建て600平方㍍)を官民協働でオープンした。愛称は「FREE WILL STUDIO」。総務省の「ふるさとテレワーク推進事業交付金」などを活用し、総工費は4400万円。10月から富士ゼロックス地域創生営業部の5人をはじめ東京、福岡など島外から計5社がサテライトオフィスを設置し、壱岐を拠点に仕事を開始するほか、市内の在宅テレワーカーがクラウドソーシング(オンライン上で仕事をマッチングするウェブサービス)の拠点として活用することができる。

壱岐テレワークセンターは3つのスペースに分割されており、「テレワークセンター」部分は座席数4席固定のコワーキングスペースと各種レイアウトに対応したセミナー・プレゼンテーション向けスペース。「サテライトオフィス」部分は2~4人用の個室3室。「コミュニティスペース」部分は市民が自由に使えるスペースとなっている。
「壱岐の魅力を活かしたリゾート型テレワーク」がセールスポイント。倉庫は、以前は原の辻遺跡発掘の拠点施設として活用していた建物で、眼前に原の辻遺跡、古代米圃場、復元建物、弥生時代に水路として活用された幡鉾川などが広がる。
秋山社長は「壱岐ならではの古代の歴史と大自然を感じられるサテライトオフィスでの仕事は、福岡を中心とした都市圏の企業で働く人たちにとって大きな魅力。政府が推奨する働き方改革の先進事例として、全国離島のモデルケースとなる」と同センターの意義を語った。
市は来年3月までには総工費3100万円で、テレワークを利用する島外者向け短期滞在型住宅を近くに建設する。全8室のシェアハウス形式で、1年以内の滞在に利用でき、より気軽にテレワーク活用のための来島ができるようになる。
在宅ワークを行う市民の利用にも利便性が高い。インターネット環境、デスク・イスはもちろん、コピー機の利用、プロジェクター、投影用パソコン、スピーカーなどの貸し出しもあり、会議などにも利用することができる。会員登録(1か月8千円)すればフリー席を24時間365日利用できるし、会員登録しなくても平日午前9時~午後5時は空いている席を利用できる。
白川博一市長は「テレワークセンターを活用したIT企業の誘致による雇用の場確保、子育て中の主婦や介護離職者などのクラウドソーシングによる所得向上、移住・交流人口の増加など期待できるので、島内向けセミナー、島外向け情報発信を積極的に行っていきたい。クラウドソーシングで月2~3万円所得が向上すれば、壱岐での暮らしがより豊かになり、島外流出の歯止めになるのではないか」と期待を込めた。

◆クラウドソーシング利用者 WEB制作、イラスト・バナー制作、システム開発、専門記事コンテンツ作成、商品データ入稿、写真撮影、翻訳業務などWEBを介して幅広い業務依頼がある。市場規模は年々拡大しており、2018年度には1820億円に達する見通し。仕事依頼の54%は東京からで、75%は東京以外で受注されている。

関連記事

  1. 壱岐焼酎飲み比べも。森の図書室壱岐島店オープン。
  2. 堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊…
  3. 大阪へ陸上養殖トラフグを千匹出荷。
  4. ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組
  5. 長崎デザインアワードで大賞。壱岐の蔵酒造。
  6. 県壱岐病院5周年式典。向原、米城両氏に感謝状。
  7. 八幡が優勝、準優勝は那賀 第5回壱岐友杯少年軟式野球
  8. 本年度から36億円減、総額236億7千万円を計上。新年度一般会計…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP