地域情報

献穀田お田植え祭

長崎県神社庁壱岐支部(村田哲郎支部長)主催の献穀田お田植え祭が5月2日、天満神社氏子の平田弘さん(石田町石田本村触)の斎田で行われた。
田長、耕作長、早乙女ほか、白川博一壱岐市長、川﨑裕司JA壱岐市組合長、総代会、地元の人たちが参列して、1年間の豊作を祈願。壱岐神楽「豊年舞」などが奉納され、注連縄(しめなわ)に囲まれた献穀田で菅笠、茜たすきに身を包んだ地元小中学生の早乙女、早乙男が、古式にのっとり早苗を植え付けた。
初めて早乙女を務めた川岸紗季さん(石田中2年)は「田植えは小学校の実習以来で、田んぼの中でうまく動けないで苦労しましたが、豊作になることを願いながら植えました」と話した。

関連記事

  1. 国立科学博物館「大哺乳類展2」に壱岐の知能。本市出身、和田直己教…
  2. TOKIOが壱岐をPR。「鉄腕!DASH」11日放送。
  3. 日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開
  4. 壱岐くるTシャツ 福岡のちょっと上(赤)
  5. 県の国境離島交付金事業費、総額54億9千万円を計画。雇用拡充策に…
  6. 壱岐限定の漫画雑誌を販売。COZIKIプロジェクト。
  7. 目指せ!3度目優勝 26日に離島甲子園1回戦
  8. タクシー10%割引 運転免許返納高齢者

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP