地域情報

椎の木からサクラ。鳥が実を運び成長。

3月下旬から市内各所でサクラが満開を迎えたが、旧沼津中学校近くの民家には、椎の木の先端から生えたサクラがあり、道行く人を楽しませている。

サクラの根元付近の幹回りは1㍍以上あり、高さ約5㍍の椎の木の先端から、さらに5㍍ほど伸びている。幹の太さから樹齢40~50年とみられ、所有する男性によると、鳥がサクラの実を椎の木の先端に落とし、そこから自然に生えてきたという。椎の木の割れ目からはサクラの根が垣間見え、幹の中に根を伸ばしているよう。

昨年、台風の影響などで一部のつぼみが狂い咲きしたこともあり、今春の開花は少なめだが、同校テニスコート跡の銘桜「白翁」を見に来た人が足を止めているという。

壱岐「島の科学」研究会の山内正志会長によると、椎の木は「スダジイ」で、サクラはヤマザクラという。

関連記事

  1. 1~3月期15・3%減。壱岐ブロック宿泊動向。
  2. 7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日
  3. マグロに合う本格麦焼酎。玄海酒造「TUNACHU」。
  4. 盲導犬を知ってほしい 壱岐初のユーザー 寺田さん
  5. 人気急上昇離島で全国3位 夏休み宿泊予約83%増
  6. 県立大が離島フィールドワーク 来夏に学生150人以上が来島 包括…
  7. 直木賞作家が壱岐を書く。「熱源」川越宗一さんが来島。
  8. 海難防止を呼び掛ける 2人が一日海上保安官

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP