地域情報

8~10月燃油サーチャージ無料 航路対策協議会で正式決定

市航路対策協議会が6月23日、文化ホールで開かれ、九州郵船は8~10月の燃油サーチャージのゾーンが、5~7月より1ランク下がり、同チャージが不要になるになることを報告。同会は承認した。
8~10月の同チャージを設定する4月の平均原油CIF価格(到着港までの海上運賃、貨物保険料が含まれた価格)が1㍑当たり4万2288円で、同郵船が設定した基準ゾーン(3万9574~4万4573円=チャージ加算なし)に入った。
これにより8月から島民の博多往復はフェリー(2等)が7月までより220円安い3370円、ジェットフォイル3日以内が360円安い6060円となることが正式に決まった。

 

関連記事

  1. 東京で壱岐の魅力発信 アイランダー2014
  2. 市内で新規感染者3人判明。経済回復策を発表した直後。行政検査31…
  3. 和光会「入所型障がい者支援施設 希望の丘」が開所。
  4. 麻薬探知犬が公開訓練 盈科小で税関業務授業
  5. 壱岐に初の「海の駅」 湯本に「湯がっぱ」オープン 地元有志が 手…
  6. イノシシを罠で捕獲。140㌔のオス。
  7. コミュニティバス運行を検討。初山地区まち協設立。
  8. 10周年記念収穫祭に250人 柳田地域連携プロジェクト

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP