スポーツ

竹下紘夢さんが受賞。県スポーツ奨励顕彰。

県は4日、本県のスポーツ活動、スポーツの普及発展に特に寄与した個人、団体に贈られる令和2年度県スポーツ表彰の34人3団体、県スポーツ教育長顕彰の21人2団体の受賞者を発表した。12日に予定されていた表彰式は中止になった。昨年は新型コロナの影響で多くのスポーツ大会が中止になったことから、受賞者は例年に比べて大幅に減少した。

本市からは県スポーツ教育長の奨励顕彰(8人1団体)に竹下紘夢さん(郷ノ浦中3年)が選出された。

竹下さんはJOCジュニアオリンピックカップ全国中学生陸上競技大会2020の男子四百㍍で、自身の持つ県記録を0秒15更新する49秒39をマークして準優勝。期間中の登録記録で競われた第66回全日本中学生通信陸上競技大会(アシックスチャレンジカップ)は49秒76で優勝(ランキング全国1位)となった。

関連記事

  1. 夢の箱根山下りを疾走。順天堂大・江口智耶(石田中出身)、第94回…
  2. 日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開
  3. 3企業女子陸上部が合宿 筒城ふれあい広場工事に提案も
  4. 原島診療所が開所 2次離島の無医地区解消 光武新人医師が 毎週木…
  5. 議会でタブレット活用 ユーストリーム配信も
  6. 道下美里さんが金メダル 「壱岐は第2のふるさと」 東京パラリンピ…
  7. 国内初の地上炉跡発掘 勝本・カラカミ遺跡
  8. 20、21日に高校総体北九州大会陸上競技 益川がインターハイ目指…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP