地域情報

本市出身日高が先制弾。国見が新人サッカー優勝。

サッカーの県高校新人大会決勝が24日、雲仙市の国見総合運動公園多目的芝生広場で開かれ、国見と創成館が対戦。国見は本市出身のFW日高希星(きら、2年=盈科小、長崎南山中出身)が前半7分に左クロスを押し込んで先制点を挙げた。
国見は後半15分に2点目を挙げ、2‐0で11年ぶり23回目の優勝。国見、創成館の2チームは九州新人大会への出場を決めた。

関連記事

  1. 建設候補地は明言せず 庁舎建設検討委員会
  2. 郷ノ浦港からダイビング?
  3. ハイジャック事件を想定。壱岐空港で訓練実施。
  4. 秋の夜空に2千発 壱岐島ふるさと花火
  5. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  6. 4月26日の週から開始予定。市内のワクチン一般接種。
  7. 11・2万円減の平均64・9万円。厳戒防疫体制の子牛市場。
  8. 九州オープン綱引6連覇。壱岐玄海酒造TC

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP