地域情報

本市出身日高が先制弾。国見が新人サッカー優勝。

サッカーの県高校新人大会決勝が24日、雲仙市の国見総合運動公園多目的芝生広場で開かれ、国見と創成館が対戦。国見は本市出身のFW日高希星(きら、2年=盈科小、長崎南山中出身)が前半7分に左クロスを押し込んで先制点を挙げた。
国見は後半15分に2点目を挙げ、2‐0で11年ぶり23回目の優勝。国見、創成館の2チームは九州新人大会への出場を決めた。

関連記事

  1. 梅雨の癒しに。片山あじさい園。
  2. 壱岐署に新警備艇 最高速度40ノット
  3. 特養ホーム「壱岐のこころ」、上棟式で餅まき。
  4. 一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。
  5. 伝統文化を体験 華道、茶道、着付け
  6. 販売は計画比106% JA通常総代会
  7. 壱岐支部が発足 牛削蹄師会
  8. 芦辺JF桟橋破損 復旧に1か月以上か

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP